ホーム > 市政情報 > 市政の運営 > 教育委員会 > 文化財(市指定)−鬼高遺跡

文化財(市指定)−鬼高遺跡

印刷する
更新日: 2015年4月14日

鬼高遺跡(おにたかいせき)

鬼高遺跡
鬼高遺跡
 鬼高遺跡は昭和12年、旧共立モスリン工場造成工事の際に発見されました。工事を始めると水田表面下1mほどで貝殻が出土し、さらに1mほど下までに獣骨、杭木、土器片などが出てきたのです。
 
 この遺跡は古墳時代後期の集落遺跡であり、特徴は岸近くの海上に住居を築いて、漁撈中心の生活をしていたと考えられることです。遺跡基底の標高は約2.7mで、同時期の他の遺跡よりはるか低位です。発見された杭木は人口的に切り落としたものと自然木がありますが、人工の加わったものは住居の用材だったと考えられます。貝塚は杭木が発見された地帯を半月形に囲んで形成されていました。そこからカキ、ハマグリ、シジミなど陸地近くで捕獲できるものが見つかり、魚骨、魚鱗のほか漁具の土錘も発掘されています。

 なお、ここからはたくさんの土器が発掘され、いわゆる鬼高式土器の標式遺跡として考古学史上重要な遺跡の一つになっています。
図書館所蔵検索ボタン (別ウィンドウで開きます)

クリックすると図書館の蔵書検索システムで、
埋蔵文化財報告書等、鬼高遺跡に関連する資料を確認できます。⇒

アクセス

所在地: 鬼高1丁目95-1

交通: JR総武線下総中山駅から徒歩15分

鬼高遺跡の一部は、公園として一般開放しています。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 考古博物館/考古博物館文化財グループ
〒272-0837
千葉県市川市堀之内2丁目26番1号(考古博物館)
千葉県市川市堀之内2丁目27番1号 歴史博物館1階(文化財グループ)
電話:047-373-2202(考古博物館) 047-701-8399(文化財グループ)
FAX:047-372-5770(文化財グループ)
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで