市川市環境基本計画

印刷する
更新日: 2016年1月6日
市川市の環境

第二次市川市環境基本計画

 「市川市環境基本計画」は、市川市環境基本条例(第9条)に基づき、環境の保全及び創造のための環境施策を総合的かつ計画的に推進するための環境政策の大綱となるものであり、平成12年2月に策定しました。
 そして、平成24年3月、この計画の下に実施してきた施策の実施状況や成果等を踏まえ、「第二次市川市環境基本計画」を策定しました。
 
  注)平成12年2月に策定された計画を、以下では「第一次市川市環境基本計画」と記述します。

基本的考え方

○基本目標
 本市の目指す将来環境像を次のとおり掲げ、これを本計画の基本目標とします。
   『みんなで築く 身近に自然を感じる文化のまち いちかわ』
 
○基本理念
 基本理念1 「自然が息づくまち」
    私たちは、多様な自然及びそこに生息する生き物と共生しながら、
   自然が息づくまちを築いていきます。
 基本理念2 「地球にやさしいまち」
    私たちは、地球環境の保全を自らの課題と認識して積極的に取り組み、
   地球にやさしいまちを築いていきます。
 基本理念3 「健やかに暮らせるまち」
    私たちは、生活に関わる大気や水、土壌などを良好な状態に保全し、
   健やかに暮らせるまちを築いていきます。
 基本理念4 「資源を大切にするまち」
    私たちは、資源の消費抑制、健全な物質循環と廃棄物の適正な処理を確保し、
   資源を大切にするまちを築いていきます。
 基本理念5 「環境をみんなで守り育てる活力あふれるまち」
    私たちは、相互理解と役割分担の下に協働して取り組み、
   環境をみんなで守り育てるまちを築いていきます。
 
○期間
 平成23年度から平成32年度まで
 
○計画の主体と役割
 (1)市民の役割
    市民は、自らの生活に伴う環境への負荷の低減に取り組みます。
    また、環境の保全及び創造に関して積極的に行動するとともに、
   市が実施する施策に協力します。
 (2)事業者の役割
    事業者は、環境法令等を遵守するとともに、生物多様性に配慮した
   事業活動に努めます。
    また、製品の使用や廃棄などによる環境の負荷の低減に取り組むとともに、
   再生資源の利用に努めます。
    さらに、環境の保全及び創造に関して積極的に行動するとともに、
   市が実施する施策に協力します。
 (3)市の役割
    市は、環境の保全及び創造に関する施策を総合的かつ計画的に推進します。
    また、環境の保全及び創造を推進するために、市民・事業者と
   協力するとともに、国や他の地方自治体との連携を図ります。
 
 

計画書(ダウンロード用)

【計画の閲覧できる場所】
 ・市政情報センター(本庁舎プレハブ棟)
 ・市政情報コーナー(中央図書館、行徳図書館、大野公民館図書室)
 ・環境政策課(市川南仮設庁舎2階)

第一次市川市環境基本計画

基本的考え方

○基本目標
   『自然が息づく文化都市市川を
       未来に引き継いでいくために』
 
○基本理念
 (1)資源循環型社会の構築
 (2)人と自然との共生
 (3)市民・事業者・市が一体となった取組
 (4)地球環境問題への取組
 
○期間
 21世紀半ばを展望しつつ、平成12年から平成22年まで。
 
 

実施状況について

 第一次市川市環境基本計画に掲げる4つの基本理念ごとに実施された平成22年度の施策や事業の実施状況についてはこちら
 
 
 なお、これは「市川市環境白書」から抜粋したものです。
 
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 環境部 環境政策課
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号
電話:047-712-6305 FAX:047-712-6308
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで