ホーム > 暮らしの情報 > 資源物・ごみ > ごみに関するお知らせ > 注射針をごみ袋に入れないでください!!

注射針をごみ袋に入れないでください!!

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年12月22日

ごみとして出された注射針が作業員の手に刺さる事故がありました

 平成26年7月29日に、プラスチック製容器包装類の中間処理施設で、作業員の手に注射針が刺さる事故がありました。
 注射針はインスリンを自己注射する際に使われるものと思われ、その事故はペットボトルを選別する場所で発生しました。
 

プラスチック製容器包装類の中間処理施設で混入されていた注射針

プラスチック製容器包装類に混入されていた注射針



 これらの注射針は、市川市では在宅医療廃棄物の一つとして、提供を受けた医療機関又は薬局に返却するようお願いしているものです。

 このような在宅医療廃棄物を、燃やすごみやプラスチック製容器包装類等としてごみ集積所へ出すことは、絶対にやめてください。

 在宅医療廃棄物の安全・適正な処理に、皆様のご理解とご協力をお願いします。



 在宅医療廃棄物の適正排出に関する詳しい説明はこちら→クリック

 在宅医療廃棄物の排出方法はこちら→クリック

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 清掃部 循環型社会推進課
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号
家庭系ごみについて 電話:047-712-6317 FAX:047-712-6320
事業系ごみについて 電話:047-712-6318 FAX:047-712-6320
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで