ホーム > 暮らしの情報 > 救急・消防 > 救急 > 救急車が必要なのはどんなとき?

救急車が必要なのはどんなとき?

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年7月31日

通報のポイント・ためらわずに救急車を呼んでほしい症状・救急車の呼び方

 全国的に救急車の出動件数は増化の傾向にあり、本市では昨年 22,195件の救急出動がありました。また救急出動の増加に伴い、119番通報を受けてから現場に到着する時間も延びているのが現状です。
なお、救急車で搬送された方の傷病程度を見ると、最も多かったのが入院を必要としない「軽症」51.8%を占めております。本市には12台の救急車を配備しておりますが、限りある資源ですので救急車の適正利用にご協力をお願いいたします。

                       救急車を上手に使いましょう−救急車が必要なのはどんなとき?−
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 消防局 救急課
〒272-0021
千葉県市川市八幡1丁目8番1号
電話:047-333-2111(代表)音声ガイダンス2番 
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで