ホーム > 暮らしの情報 > 救急・消防 > 救急 > 救急車の適正利用について

救急車の適正利用について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2019年7月8日

救急車の適正利用にご協力ください

 全国的に救急出動件数が増加する中、今後も高齢化の進展を背景とする救急需要が増大することが見込まれています。
 本市消防局では救急車の適正利用の推進として、救急車両へのステッカーの貼付や各種イベント・講習会にて本市が行っている「あんしんホットダイヤル」、千葉県事業である救急安心センター(#7009、こども急病電話相談(#8000の電話相談事業や全国版救急アプリ「Q助」の周知を行っているところです。
 この程、消防局では市民が急な病気やけがの際にためらわずに救急車を要請すべき事項や、各種電話相談事業及び緊急度判定アプリが記載された「案内カード」を作成しましたのでご活用ください。併せて、「救急車の利用リーフレット」もございますのでご利用ください。

案内カード印刷:名刺サイズ【PDF:1.1MB】
※両面印刷をしてご利用ください。

救急車を上手に使いましょう(リーフット:PDF 3MB)



 

各種詳細

あんしんホットダイヤル

 市川市では通話無料のフリーダイヤルにより、相談窓口として24時間・無休で利用できる「あんしんホットダイヤル」を行っています。
急な病気・ケガなどでお困りの際に医師、看護師、保健師などが対応していますのでご利用ください。

【情報提供や相談できる内容】
  • 病院・診療所などの案内
  • 急な病気やけがの相談
  • 健康やメンタルヘルスの相談
  • 子育て、介護の相談 など

0120−241−596

(言語・聴覚障害などの方専用FAX 0120−637−119)

詳細は疾病予防課のページをご覧ください。

救急安心電話相談「#7009」

救急安心電話相談とは、平成29年9月1日より運用開始された千葉県による事業です。
病院に行くか、救急車を呼ぶか迷ったら、ご相談ください。
県内のプッシュ回線・携帯電話からは#7009
ダイヤル回線・IP電話・PHSからの場合は03-6735-8305へおかけください。

相談対応日時
 
  • 平日、土曜日  18時から23時
  • 日曜日、祝日等 9時から23時
救急安心電話相談#7009【PDF:1,324KB】
 

こども急病電話相談「#8000」

こども急病電話相談は、平成28年4月から運用開始された千葉県による事業です。
「夜中に急にこどもの具合が悪くなった」、「かかりつけは休診時間だけどどこに行けばいいの!?」と医療機関を受診させた方がいいのか判断に迷ったときにご相談ください。
#8000ダイヤル回線、光電話、IP電話、銚子市からの場合は043-242-9939へおかけください。
相談対応日時は
  • 毎日・夜間午後7時から翌午前6時まで

こども急病電話相談#8000【PDF:518KB】

全国版救急受診アプリ「Q助(きゅーすけ)」

 総務省消防庁より、急な病気やけがをしたとき症状の緊急度を素早く判定し、救急車を呼ぶべきかどうかの目安として利用できる医療機関や受診手段の情報を提供し、緊急度判定を支援するため全国版救急受診アプリ「Q助」の提供が開始されました。該当する症状を画面上で選択していくと、緊急度に応じた必要な対応(「いますぐ救急車を呼びましょう(赤色)」、「できるだけ早めに医療機関を受診しましょう(黄色)」、「緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう(緑色)」又は「引き続き注意して様子を見てください(青色)」)が表示されます。
 その後、119番通報、医療機関の検索(厚生労働省の「医療情報ネット」にリンク)や受診手段の検索(一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の「全国タクシーガイド」にリンク)を行うことができるようになっています。

全国版救急受診アプリ「Q助」【PDF:1234KB】

アプリダウンロード及び詳細は総務省消防庁のサイトへ
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 消防局 救急課
〒272-0021
千葉県市川市八幡1丁目8番1号
電話:047-333-2111(代表)音声ガイダンス2番