ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > 予防接種 > 日本脳炎予防接種(1期・2期)

日本脳炎予防接種(1期・2期)

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2019年4月26日

 日本脳炎予防接種は、平成17年5月30日付け国の勧告により、積極的勧奨を差し控えておりましたが、平成22年度より「乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン」による接種勧奨が再開されました。

   
 厚生労働省通知(平成17年5月30日)
 

 厚労省ホームページ;「日本脳炎の予防接種Q&A」

  

 

対象者

【1期】生後6ヵ月から7歳6ヵ月未満

【2期】9歳以上13歳未満(13歳誕生日前日まで)

【特例対象者】平成23年5月20日制定
1.平成19年4月1日以前に生まれた、20歳未満の方
2.平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方

接種方法

【1期】

  • 1期初回:1〜4週の間隔をおいて2回接種
  • 1期追加:1期初回終了後6ヵ月以上の間隔をおいて1回接種(標準的にはおおむね1年後)

※国は標準的な接種開始年齢を「3歳」としています。市川市では3歳を迎えた方へ「日本脳炎予防接種のお知らせ」を個別通知しておりますが(はがき)、生後6ヵ月以上であれば3歳になる前に受けることも可能です。 
    

 

【2期】 9歳以上13歳未満の間に1回

【特例対象者】

  • 上記特例対象者No.1の方は、20歳の誕生日前日まで、予防接種法に基づく定期接種として受けることができます。(4回)
  • No.2の方は、7歳6ヵ月未満までの間に第1期の接種が終了しなかった場合、9歳以上13歳未満において1期不足分の接種が可能です。

予診票

【1期】
「市川市予防接種手帳」に予診票が綴られています。
お持ちでない方は、疾病予防課までご連絡をお願いします。(047-377-4512)

【2期】

  • 平成19年4月2日以降に生まれた方には、9歳の誕生月末日に予診票を個別通知します。
  • 平成19年4月1日以前に生まれた方には、高校3年生相当時の6月頃予診票を個別通知しますが、早めの接種を希望される方は疾病予防課までご連絡をお願いします。
※2019年度の通知対象者:平成13年4月2日〜平成14年4月1日生まれ(2期接種終了者を除く)


 

実施医療機関

市が指定する医療機関 ⇒ こちらから確認できます。

市が指定する医療機関以外で接種を希望する場合 ⇒ こちらから確認できます
 

13歳以上で保護者が同伴しない場合

13歳以上の方は、保護者同伴なしでも接種できるようになりました。 
その場合、「同意書」の提出が必要になります。  同意書はこちらから ⇒ 「同意書」

 

日本脳炎について

日本脳炎ウィルスの感染により起こります。
ヒトから直接ではなくブタなどの体内で増えたウィルスが蚊によって媒介され感染します。
7〜10日の潜伏期間の後、高熱、頭痛、嘔吐、意識障がい、けいれんなどの症状を示す急性脳炎になります。
ヒトからヒトへの感染はありません。

感染者のうち100〜1,000人に1人が脳炎等を発症します。脳炎にかかったときの死亡率は約20〜40%ですが、神経の後遺症を残す場合があります。
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 保健部 保健センター 疾病予防課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目18番8号
予防・急病担当  (直通)電話:047-377-4512
健診担当      (直通)電話:047-377-4513
特定保健指導担当(直通)電話:047-377-4514
保健センター    (代表)電話:047-377-4511 FAX:047-376-8831