ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > 予防接種 > 麻しん風しん混合予防接種(MR) 1期・2期

麻しん風しん混合予防接種(MR) 1期・2期

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年6月30日

対象者

1期:生後12月から生後24月に至るまでの間にある方
2期:小学校就学の始期に達する日の1年前の日から当該始期に達する日の前日までの間にある方(小学校入学前の1年間にある方 ⇒ 幼稚園・保育園の年長さん)
   

平成28年度 第2期対象者

 平成22年4月2日〜平成23年4月1日生まれの方
 

第2期の実施期間

平成28年4月1日から平成29年3月31日まで。
※麻しん(はしか)は、春先に流行しやすい感染症ですので、なるべく早めに接種しましょう。

予診票

「市川市予防接種手帳」に綴られてある予診票を使用してください。
お持ちでない方は、保健センター疾病予防課まで連絡してください。

実施医療機関

市が指定する医療機関は、こちらから確認できます。

市が指定する医療機関以外で接種を希望する場合↓
県外等、市が指定する医療機関以外で接種を希望する場合

麻しん(Measles)

麻しんは、麻しんウィルスの空気感染によっておこります。
感染力が強く、発熱、せき、鼻汁、めやに、発疹を主症状とします。
最初3〜4日は38℃前後の熱で、いったんおさまった後、再び39〜40℃の高熱と発疹がみられます。
高熱は3〜4日で解熱し、発疹も消失していきます。

(合併症)
気管支炎、肺炎、中耳炎、脳炎
 

風しん(Rubella)

風しんウィルスの飛沫感染によって起こります。潜伏期間は2〜3週間です。
軽いかぜ症状ではじまり、発疹、発熱、後頚部リンパ節腫脹などを主症状とします。
発疹も熱もおよそ3日間で治るので「三日ばしか」と呼ばれることもあります。
 
妊娠初期に感染すると、心臓、白内障、聴力障害などの障害をもった「先天性風しん症候群」の児が生まれる可能性が高くなります。

(合併症)
関節痛、血小板減少性紫斑病
Get Adobe Reader このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 保健部 保健センター 疾病予防課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目18番8号
予防・急病担当  (直通)電話:047-377-4512
健診担当      (直通)電話:047-377-4513
特定保健指導担当(直通)電話:047-377-4514
保健センター    (代表)電話:047-377-4511 FAX:047-376-8831
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで