ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > 予防接種 > おたふくかぜ予防接種

おたふくかぜ予防接種

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年4月7日

市川市では一部公費助成をおこなっております。

 おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)予防接種は任意接種ですが、市川市では一部公費助成を行なっております。

対象者

生後12月(1歳)〜生後90月に至るまでの間にある方

自己負担額

1,400円(医療機関でお支払いください。)
ただし、市民税非課税世帯の方、生活保護受給世帯の方は無料で接種できます。

予診票

 満1歳を迎える月に個人通知いたします。
 

実施医療機関

こちらから確認できます。

指定外医療機関で接種ご希望の方は、疾病予防課までお問い合わせください。

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

おたふくかぜはムンプスウィルス野飛沫感染により起こります。
潜伏期間は2〜3週間です。
主症状は、耳下腺の腫れで発熱と痛みを伴います。額下腺、舌下腺が腫れることもあります。
合併症としては、精巣炎、卵巣炎、膵炎、髄膜炎及び難聴等があります。
難聴はおよそ1,000人に1人の頻度で起こり、聴力の回復は困難であるため合併症として最も警戒すべきものの一つと考えられています。


Get Adobe Reader このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 保健部 保健センター 疾病予防課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目18番8号
予防・急病担当  (直通)電話:047-377-4512
健診担当      (直通)電話:047-377-4513
特定保健指導担当(直通)電話:047-377-4514
保健センター    (代表)電話:047-377-4511 FAX:047-376-8831
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで