ホーム > 暮らしの情報 > 暮らしのできごと > 妊娠・出産 > その他の関連情報 > 妊娠前からしっかり葉酸をとりましょう

妊娠前からしっかり葉酸をとりましょう

印刷する
更新日: 2015年3月30日
妊婦イラスト

  葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミンです。
  赤ちゃんの正常な発育や、お母さんの貧血予防等に関わる栄養素で、妊娠全期間を通して必要です。

また、葉酸は赤ちゃんの先天性異常のひとつである神経管閉鎖障害のリスクを減らすことが明らかになっています。
 神経管閉鎖障害のリスクを減らすためには、葉酸をはじめとしたバランスのよい食事を摂ることが必要です。

1日に必要な量

     妊娠前      妊娠中
240μg
(マイクログラム)  
480μg
(マイクログラム)     

(日本人の食事摂取基準2015年版より) 

ブロッコリーイラスト
※神経管閉鎖障害のリスクを減らすためには、通常の食品での摂取に加え、妊娠1か月以上前から3か月までの間に、栄養補助食品から1日400μgの葉酸の摂取が推奨されています。
  ただし、過剰摂取には気をつけ、1日1,000μgを越えないようにしましょう。
※1,000μg=1mg


 

葉酸を多く含む食品

 葉酸は、ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜や、いちご、納豆など、身近な食品に多く含まれています。
 日頃からこうした食品を多くとるように心掛けましょう。

葉酸を多く含む食品
 ←クリックしてください



葉酸と一緒に摂りたい栄養素

「 ビタミンB12 」
 葉酸とともに悪性貧血を防いだり、葉酸が遺伝情報を伝える成分を作る時に、その働きを助けます。
 食品例:あさり・かき・レバー・しじみ・にしん・さんま・いわし・さば・たらこ・さけ・まぐろ赤身・ほたて貝・ひらめ・のり・たまご・牛乳

「 ビタミンC 」
 葉酸はビタミンCによって、体内で活用されやすくなります。
 食品例:ほうれん草・ブロッコリー・カリフラワー・キャベツ・ピーマン・パセリ・いちご・みかん・キウイフルーツ・グレープフルーツ・レモン・さつまいも・じゃがいも

 

調理のポイント

 葉酸は、水に溶ける性質がある為ゆで汁に流れ出たり、熱で壊されたりと、調理によって失われやすいので、熱を加えすぎないことや煮汁ごと食べるなどの工夫が必要です。
 毎食一皿の野菜料理をプラスしましょう。


おすすめレシピ :  青菜と干しえびのスープ  

             ブロッコリーのあさりソース

             さつまいもとりんごの甘煮

             ゆで野菜のサラダ



※葉酸や妊娠中の食事について詳しく知りたい場合は、保健センター栄養担当へお問い合わせください。
 保健センター健康支援課栄養担当 電話 047−377−4511


 

妊娠中の食事を学ぶ教室を開催しています。

パパママ栄養クラス  ←クリックしてください


Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 保健部 保健センター 健康支援課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目18番8号
電話:047-377-4511 FAX:047-316-1568
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで