ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > 健康診査 > 各種健(検)診のご案内

各種健(検)診のご案内

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2020年7月9日

お知らせ

●健康診査・がん検診再開および集団がん検診について

【健康診査・がん検診の再開】
 ※新型コロナウイルスの緊急事態宣言解除に伴い、健康診査・がん検診を再開いたしました。受診を希望される方は各医療機関にお問合せください。

【集団がん検診について】
 ・乳がんマンモグラフィ・エコー検査は7月から再開いたします。対象者に順次ご案内を送付していきます。
  乳がんエコー検査の10月〜3月の開催日については、8月末に公開予定です。
 ・胃がんバリウム検査は現在休止中で、実施方法を検討しております。決まり次第、広報やホームページ等でお知らせをいたします。
 ※2020年3月(2019年度)に中止とさせていただいた集団検診胃がんバリウム検査につきまして、代替え開催を実施いたします。対象者にご案内を送付いたしました。
 ※集団がん検診については、安全確保のため人数制限や受付時間の指定など、例年と異なる方法で実施する予定です。ご希望に添えない場合がありますのでご了承ください。

    中止となった集団検診の日程の詳細はこちらのリンク先でご確認いただけます。

※再開後の受診におきましては、マスク着用を含む咳エチケットの実施、発熱等体調不良の場合は、受診をお控えいただくようご協力をお願いいたします。

●眼底検査の受診費用負担について
令和2年3月または4月に特定健康診査・健康診査を受診した方で、医師から眼底検査を勧められた方(「眼底検査を受けるにあたって」「眼底検査依頼書」「眼底検査報告書」を受け取った方)のうち、健康診査の休止に伴い眼底検査を受診できなかった方、これから受診を希望される方は、眼底検査の受診費用について、重要なご案内がありますので、保健センター疾病予防課健診担当へご連絡ください。(TEL:047-377-4513健診担当直通)

お詫び
乳がん検診に関しまして、一部の方に誤った案内をお渡ししておりました。
誤った情報を提供いたしましたことにつきまして、お詫び申し上げます。
検診の受診方法等につきましては、当ページに記載されている内容をご確認ください。
 
●2020年度から
・自動発送の対象者を拡大しました。
・20歳代の子宮がん検診で前年度に受診していない方は、お申込みいただければ受診できるようになりました。
・千葉県後期高齢者医療保険被験者用の受診券に問診票が付きました。必ずすべて回答して医療機関へ提出してください。

定期的に受診しましょう。

市川市では年齢や保険の種類に応じて、健康診査やがん検診など様々な健(検)診を受診できます。受診券が届いたら定期的に受診をして体調の確認をしましょう。

右のグラフは、2018年度の月ごとの受診者数を示したものです。グラフのように、有効期限の月に受診者が集中しているのがわかります。ご自身の受診券の有効期限を必ずご確認いただき、医療機関が混みあう前に受診していだくことをおすすめします。
【混み具合の図】
kansho
画像クリックで画像拡大

当ページの目次

1.健(検)診項目・対象年齢

※このページに書かれている年齢は2020年4月1日〜2021年3月31日の間にお誕生日を迎えた時の年齢です。

○市川市の健(検)診は年度に1回のご案内となり、4月1日〜翌年3月31日までを1年度とさせていただいております。
○健(検)診結果・精密検査結果は、プライバシーに十分配慮し、統計・制度管理・案内作成に使用しますので、ご了承ください。
○がん検診は精密検査が必要か否かを判断するための検査です。自覚症状がある方、病院で治療中または経過観察中の方は、検診ではなく医療機関で診察を受けてください。
○職場など(全国健康保険協会、健康保険組合、共済組合など)で検診を実施している場合は、職場などの検診を優先して受診してください。
○対象となっている検診でも、医師の判断により受診できない場合があります。
  男性 女性
40-49歳 50歳以上 20-29歳 30-39歳 40-49歳 50歳以上
特定健康診査(健康診査) - -
肝炎検診 - -
肺がん検診 - -
大腸がん検診 - -
前立腺がん検診 - - - - -
胃がん
検診
胃内視鏡検査 - - - -
バリウム検査 - -
胃がんリスク検査 - -
子宮がん検診 - -
乳がん
検診
エコー検査 - - - - -
マンモグラフィ検査 - - - -
 ○のついている健(検)診は、健康保険証の種類や年齢、前年度の受診履歴など、対象となる条件を定めています。詳しくは「3.各健(検)診の内容」の該当する健(検)診をご確認ください。

2.受診方法等

2-1.受診方法について

※受診券の自動発送の時期は 「5-2.受診券の自動発送の時期について」、自動発送の対象者は「5-3.受診券の自動発送の対象者について」 でご確認ください。自動発送の対象者ではない場合や、転入時期や市川市国民健康保険に加入する時期によっては、自動発送の対象になりませんので、以下の1.か2.の方法でお申し込みが必要です。
 1.市川市保健センターへ電話(047-377-4513)

 2.はがきに「住所・氏名・電話番号・生年月日・希望の検診(※対象条件をご確認ください)」を記入の上、保健センターまで送付


[1]対象の健(検)診項目を確認する
受診券に、今年度対象となる健(検)診項目が印字されています。

[2]医療機関または検診会場を確認し、受診する
対象となっている健(検)診項目のうち、受診したい健(検)診項目を扱っている医療機関を、「市川市各種健(検)診実施医療機関」から選んでください。
〇1枚の受診券につき、1か所の医療機関で受診してください。
〇予約が必要な医療機関もありますので、各医療機関にお問い合わせください。

ただし、以下の検診は集団検診または一部の医療機関で実施するため、検診会場や日程は受診券または申込書でご確認ください。
乳がん検診エコー(超音波)検査(集団検診)      
往復はがきの申込書に希望の日時を記載し、切手を貼って市川市保健センターへ送付してください。受付後、受診券を発送します。
乳がん検診マンモグラフィ検査(50歳以上の方)→集団検診または個別検診
集団検診をご希望の方は、申込制になります。
すでに日時が記載された受診券をお持ちの方も申込みが必要となりますので、こちらから改めて申込用紙を発送します。ご記入の上、お申込みください。
個別検診(医療機関での受診)をご希望の方は、保健センターへの申込みは必要ありません。「市川市各種(健)検診実施医療機関」から選んで受診してください。詳細は「3-9 乳がん検診」をご覧ください。        
乳がん検診マンモグラフィ検査(40歳代の方)→個別検診     
一部の医療機関でのみ実施します。「市川市各種健(検)診実施医療機関」から選んでください。(詳細は「3-9.乳がん検診」をご覧ください。)

2-2.持ち物について

受診券、健康保険証(生活保護を受給中の方は保護受給証明書)、一部自己負担金、健康手帳(お持ちの方)
 
※保護受給証明書は生活支援課に連絡のうえ取得し、医療機関へ持参してください。1医療機関につき1枚の提出が必要です。
※集団検診では、保険証または保護受給証明書は不要です。
※検診にお越しの際はマスクを着用し、羽織るもの・着替えを入れる袋・筆記用具をお持ちください。

2-3.保険証・氏名・住所の変更について

ご加入中の健康保険の種類によって、健(検)診の内容が異なります。受診券の印字と保険証・氏名が異なりましたら、新しい受診券を発行いたしますので、市川市保健センターにご連絡ください。
市内転居の場合は、そのままご利用いただけますが、医療機関等で住所を記入する際には、新しい住所をご記入ください。
市外へ転出された方は、市川市の受診券は使えません。転出先の健(検)診内容については、転出先の市区町村へお問合せください。

2-4.健康手帳の配布場所

健康手帳は、健(検)診結果を記入することができます。1冊に5年分の記入が可能ですので、健(検)診結果の比較ができます。ご自身の健康管理にお役立てください。
 
以下の場所で無料で発行しています。
・市川市保健センター、南行徳保健センター
・市川市役所市民課
・市民課窓口連絡所(国分・信篤・中山)
・市川駅行政サービスセンター
・行徳支所福祉課(行徳支所1階)
・大柏出張所(窓口番号1)
・健(検)診実施医療機関

2-5.健(検)診結果について

医療機関で受診した健(検)診結果は、医療機関で直接お聞きください。市川市保健センター(市川市役所)からは結果を郵送いたしません。
集団検診(検診車での検診)で受診した結果は、受診後1か月程度で市川市保健センター(市川市役所)から結果を郵送いたします。

3.各健(検)診の内容

3-1.特定健康診査(健康診査)

40歳〜74歳の市川市国民健康保険被保険者を対象とした特定健康診査は、メタボリックシンドロームに着目した健診で、心臓病や脳卒中、糖尿病などの生活習慣病の発症や重症化を未然に防ぐために実施するものです。健診結果の数値が基準以上の方を対象に、生活習慣の改善に取り組んでいただく『特定保健指導』のご案内をさせていただきます。
千葉県後期高齢者医療保険被保険者を対象とした健康診査は、生活習慣病やその傾向のある方を早期に発見し、予防や早期治療につなげていくことで、被保険者の健康の保持・増進に資することを目的として実施しています。
一部自己負担金        
無料        
対象者        
40歳以上の市川市国民健康保険被保険者、千葉県の後期高齢者医療被保険者(75歳以上の方および一定の障害のある65歳以上の方)
※介護老人福祉施設等に入所の方は対象外となります。       
検診内容        
基本的な項目
 〇問診、診察
 〇身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
 〇血圧測定
 〇血液検査
  ・脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステ
   ロール)
  ・肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT),γ-GTP)
  ・血糖検査(空腹時血糖、HbA1c検査、やむを得ない場合に  
   は随時血糖)
  ・腎機能検査(血清クレアチニン検査(eGFR)
  ・尿酸
 〇尿検査(尿等、尿蛋白、尿潜血)
医師の判断により実施する項目
 〇貧血検査(赤血球数、血色素、ヘマトクリット値)
 〇心電図検査
 〇眼底検査

特定健康診査(健康診査)の注意事項
〇水以外の飲食から検査まで10時間以上あけてください。
〇基本的な項目については、原則すべてお受けください。
〇受診券についている問診票は、必ずすべて回答したうえで医療機関にご提出ください。(市川市国民健康保険被保険者、千葉県後期高齢者医療保険被保険者)
〇定期通院中の方も受診できます。
〇社会保険や市川市が発行していない国民健康保険等に加入している方(被扶養者含む)の健康診査については、保険証を発行している団体にお問合せください。
〇市川市国民健康保険被保険者と千葉県後期高齢者医療保険被保険者の人間ドック費用助成を実施しています。特定健康診査(健康診査)との併用はできません。
 人間ドック問い合わせ先 国民健康保険課 047-712-8532

3-2.特定保健指導について

40歳〜74歳の市川市国民健康保険被保険者で、特定健康診査の結果、対象となった方には「特定保健指導無料利用券」をお送りし、生活習慣の改善を支援します。
「医師に異常なしと言われた」「今どこも悪くない」「前に特定保健指導を受けた」という方も、健診結果を保健師や管理栄養士と共に振り返り、総点検する機会として是非ご参加ください。
 
※健診の結果、医師に医療を勧められた方、また継続的に医療を受けている方は、原則として医療機関による治療をお受けください。
※市川市国民健康保険被保険者で、特定健康診査と同じ内容の健診(会社等で実施した健診)を受けた場合は、健診結果を保健センターへお知らせください。健診結果によって、特定保健指導のご案内をさせていただきます。

3-3.肝炎ウイルス検診

一部自己負担金        
無料        
対象者        
40歳以上で市の肝炎検診を一度も受けたことがない方、または医師が必要と認めた方        
検診内容        
血液検査(C型、B型肝炎ウイルス)     

3-4.がん検診の受診にあたって

がん検診は死亡率を減少させることがわかっていますが、結果の全てを保証するものではありません。必ずがんを見つけられるわけではなく、また、がんでなくても結果が陽性になることもあります。後日、自覚症状が出た場合は、結果に関わらず専門医にかかりましょう。

3-5.肺がん検診

一部自己負担金        
600円(無料の場合もあります。「5-1.一部自己負担金(各種がん検診)」をご確認ください。)
対象者        
40歳以上        
検診内容        
胸部レントゲン撮影
痰(たん)の検査(医師の判断により実施)  
注意事項
〇胸部レントゲン撮影、痰の検査それぞれで一部自己負担金がかかります。
〇妊娠中の方、その可能性がある方は受診できません。

3-6.大腸がん検診

一部自己負担金        
600円(無料の場合もあります。「5-1.一部自己負担金(各種がん検診)」をご確認ください。)        
対象者        
40歳以上        
検診内容        
検便(便の潜血検査2回)        
注意事項
〇検査容器は受診する医療機関でもらってください。

3-7.前立腺がん検診

一部自己負担金        
600円(無料の場合もあります。「5-1.一部自己負担金(各種がん検診)」をご確認ください。)        
対象者        
50歳以上の男性        
検診内容        
血液検査(PSA検査)

3-8.子宮がん検診

一部自己負担金
600円(無料の場合もあります。「5-1.一部自己負担金(各種がん検診)」をご確認ください。)
検査内容と対象者
対象者は20歳以上の女性で、検査内容は以下の通りです。
対象者 検査内容
20歳代偶数年齢および30歳以上 頸部検査(頸部細胞診検査)
50歳以上で、希望者または医師が必要と認めた方 体部検査(体部細胞診検査)
※※20歳代で前年度に受診していない方は、お申込みいただければ受診券をお送りします。
注意事項
〇頸部検査、体部検査、それぞれで一部自己負担金がかかります。
〇膣の洗浄・治療は1週間前、性生活は3日前よりさけてください。
〇月経中の検診はさけてください。妊娠中の方はかかりつけ医にご相談ください。
〇検診後、数日間少量の出血がある場合があります。
〇体部細胞診検査は痛みを感じることがあります。また、検査のできない方もいます。

3-9.乳がん検診

一部自己負担金
600円(無料の場合もあります。「5-1.一部自己負担金(各種がん検診)」をご確認ください。)
検査内容と対象者
対象者は30歳以上の女性で、検査内容は以下の通りです。
対象者 実施方法 検査内容
30歳代偶数年齢 集団検診 エコー(超音波)検査
40歳代偶数年齢 個別検診 マンモグラフィ検査
(乳房レントゲン撮影)
2方向
50歳以上偶数年齢 集団検診または個別検診
 
マンモグラフィ検査
(乳房レントゲン撮影)
1方向
乳がん検診注意事項
〇視診・触診は2018年度より廃止になりましたので、視診・触診に変更することはできません。
〇エコー(超音波)は申込みハガキをお送りするので、受診希望の方は申込みハガキの返信をお願いします。
〇集団検診は、日時と会場を受診券で確認してください。
〇集団検診会場の場所は、「6.集団検診会場」で確認してください。
 
【妊娠中、授乳中の方について】
〇エコー(超音波)検査は、妊娠中や授乳中の方も受診は可能ですが、乳腺が発達した状態になっているため、通常よりは精度が落ちる可能性があります。受診するかどうかは、かかりつけの医師とご相談ください。
〇マンモグラフィ検査は、妊娠中の方または妊娠の可能性がある方は受診できません。
 
【個別検診のマンモグラフィ検査について】
〇個別検診のマンモグラフィ検査を実施している医療機関は、「市川市各種健(検)診実施医療機関」でご確認ください。記載のない医療機関では受診券は使えません。

【お詫び】
乳がん検診に関しまして、一部の方に誤った案内をお渡ししておりました。
誤った情報を提供いたしましたことにつきまして、お詫び申し上げます。
検診の受診方法等につきましては、当ページに記載されている内容をご確認の上、ご受診いただきますようお願い申し上げます。

3-10.胃がん検診

一部自己負担金
バリウム検査  600円  胃内視鏡検査 1,500円
(無料の場合もあります。「5-1.一部自己負担金(各種がん検診)」をご確認ください。)
検査内容と対象者
対象者は40歳以上で、検査内容は以下の通りです。
対象者 検査内容 実施方法
40歳〜49歳 バリウム検査 【バリウム検査】集団検診
1年に1回
【胃内視鏡検査】個別検診
2年に1回
50歳以上偶数年齢 胃内視鏡検査かバリウム検査の選択制
50歳以上奇数年齢 バリウム検査
※50歳以上偶数年齢の方は、胃内視鏡検査かバリウム検査どちらかの選択制で、併用はできません。
※胃内視検査を受診すると、次回の胃がん検診は2年後となり、翌年度はバリウム検査も胃内視鏡検査も受診することはできません。
胃がん検診の注意事項   
〇胃がん検診は、2018年度よりバリウム検査(集団検診)と内視鏡検査(個別検診)の2種類になりました。
〇50歳以上偶数年齢の方は、胃内視鏡検査かバリウム検査のどちらかの受診になります。併用はできません。
〇胃がん検診は申込制です。過去2年間で胃がん検診を受診した方には、胃がん検診の受診券を自動発送します。「5-2.自動発送の時期について」「5-3.自動発送の対象者について」をご確認のうえ、対象以外の方は電話かハガキでお申込みください。お申込みいただいてから、受診券を発行します。
〇胃内視鏡検査のみ、申込期限を2021年2月28日までとさせていただきます。
〇今年度、胃内視鏡検査を受診した場合、次回の検査は2年後となります。来年度はバリウム検査も胃内視鏡検査も受診することはできません。
 
【胃がんバリウム検査について】
〇集団検診会場の場所は、「6.集団検診会場」でご確認ください。
〇送付する受診券には日程・会場が指定されていますが、他の日程・会場でも受診できます(連絡不要)。日程・会場の一覧はこちらのPDFファイルでご確認ください。

 【胃内視鏡検査について】
○胃内視鏡検査で組織検査やピロリ菌検査をすることがあります。その場合は、保険診療分の負担金が発生しますので必ず健康保険証を持参してください。                           
○内視鏡検査が受診できない方                
 ・妊娠中またはその可能性がある方
 ・呼吸不全のある方
 ・急性心筋梗塞や重篤な不整脈などの心疾患のある方 
 ・出血しやすく、血が止まらない方
 ・血圧が極めて高い方
 ・抗血栓薬を服用されている方 
 ※上記以外にも受診できない場合があります。
 ※詳細はこちらの案内ちらしをご覧ください。  

3-11.胃がんリスク検査

胃がん検診とは別に、簡単な血液検査で、胃の萎縮やピロリ菌感染を調べ、胃がんになりやすい状態かどうかを判定します。胃がんの予防、早期発見にお役立てください。
一部自己負担金
600円(無料の場合もあります。「5-1.一部自己負担金(各種がん検診)」をご確認ください。)
対象者
40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、65歳、70歳、75歳で市の胃がんリスク検査を一度も受けたことがない方
検診内容
血液検査(ペプシノゲン検査、ヘリコバクター・ピロリ抗体検査)
注意事項
以下に該当する方は検査をご遠慮ください。
・胃酸分泌抑制剤(プロトンポンプ阻害剤)服用中若しくは  2ヶ月以内に服用していた方
・胃切除後の方
・腎不全(目安:クレアチニン値3mg/dL以上)の方
・明らかな上部消化器症状があり、胃や十二指腸の疾患が強 く疑われる方
・食道、胃、十二指腸疾患で治療中の方
・ピロリ菌除菌を行った方

4.精密検査について

検診で精密検査が必要と判定されましたら、必ず精密検査(保険診療となります)を受診してください。
検診ごとの主な精密検査内容をご紹介します。実際に必要な検査内容は、精密検査を受ける医療機関の医師に直接お尋ねください。
紹介状が必要な場合には、検診を受けた医療機関の医師へお問合せください。

肝炎
検査方法 検査概要
血液検査 出血・凝固検査、腫瘍マーカー検査等を調べる方法
超音波検査 腹部に超音波をあて、肝臓内部の状態を調べる方法

検査方法 検査概要
CT検査 胸部X線検査より詳しく見るX線で、胸部を輪切りの状態で撮影する方法
気管支鏡検査 口または鼻からカメラを入れて観察する方法

大腸
検査方法 検査概要
大腸内視鏡検査 肛門からカメラを入れて観察する方法
注腸エックス線検査 造影剤を注入し、X線撮影をする方法

検査方法 検査概要
胃内視鏡検査 口または鼻からカメラを入れて観察する方法
生検 組織を採取し、顕微鏡で調べる方法

子宮
検査方法 検査概要
細胞診 ブラシ等で、頸部をこすり、細胞を採取する方法
HPV検査 細胞診のように細胞を取り、HPVのウイルス感染を調べる方法
コルポスコープ診 内視鏡で内部を観察する方法
組織診 コルポスコープで病変があったときに、組織を採取する方法
 
検査方法 検査概要
マンモグラフィ 乳房を機械ではさんで、レントゲン撮影する方法
超音波(エコー) 乳房に超音波をあて、乳房内部の状態を観察する方法
穿刺吸引法 乳房のしこりの一部を注射器で吸引する方法
針生検 乳房のしこりの一部を針で取り出す方法

前立腺
検査方法 検査概要
超音波検査 肛門から器具を挿入して大きさ等を調べる方法
生検 組織を採取し、顕微鏡で調べる方法

5.その他のご案内

5-1.一部自己負担金(各種がん検診)

各種がん検診の受診につき、一部自己負担金が必要です。ただし、無料となる場合がありますので、以下の表をご確認ください。
 
 注意事項
受診後の返金はできませんので、ご不明な点は必ず受診前に市川市保健センターへお問合せください。
 〇有料(印字A)から無料(印字B)へ変更になる場合は、新しい受診券を再発行させていただきますので、お早めにご連絡ください。
一部自己負担金 対象者 受診券での見分け方
[1]すべてのがん検診が無料 ○70歳以上の方
○千葉県の後期高齢者医療被保険者
○同じ世帯に住民税課税者が一人もいない方
受診番号の数字の右側に「B」の印字があります。
[2]各600円   
(ただし胃内視鏡検査は1,500円)
上記[1]以外の方 受診番号の数字の右側に「A」の印字があります。

5-2.受診券の自動発送の時期について

発送時期 4月〜9月  生まれ 10月〜3月 生まれ
健康診査・がん検診受診券
(ピンク色の封筒)
3月末 7月末
胃バリウム検査受診券 3月末 9月中旬
胃内視鏡検査受診券 3月末 7月末
〇10月〜3月生まれの方で自動発送の時期より早めに受診希望の方は、市川市保健センターへお問合わせください。
〇健康診査・がん検診受診券(ピンク色の封筒)と、胃バリウム検査受診券または胃内視鏡検査受診券は、別送となります。

5-3.受診券の自動発送の対象者について

申込み不要で、健康診査・がん検診受診券(ピンク色の封筒)が届く方
・40歳〜74歳の市川市国民健康保険被保険者
・20歳代偶数年齢の女性
・30歳代の女性
・40歳〜70歳の方
・75歳の方
・上記以外に過去5年間に市の健(検)診を1つでも受診したことがある方
申込み不要で、胃がん検診の受診券が届く方
【胃バリウム検査】
 2018、2019年度に市のバリウム検査を受診した方で、2019年度に胃内視鏡検査を受診していない方。
【胃内視鏡検査】
 2018年度に胃内視鏡検査を受診した方。
〇2020年4月1日〜2021年3月31日の間にお誕生日を迎えた時の年齢です。
〇2020年度から自動発送対象者を拡大しました。
〇上記以外の方は、市川市保健センターへ電話かハガキで申込が必要です。
〇転入時期や市川市国民健康保険に加入する時期によっては、自動発送の対象にはなりませんので、申込が必要です。

5-4.セルフメディケーション税制について

 2017年1月1日から2021年12月31日までの間で、勤務先や市の各種健康診査・がん検診を受け、スイッチOTC薬品等(かぜ薬・胃腸薬・腰痛の貼付薬など)が12,000円を超えた場合、その超える部分の金額(生計を共にする配偶者等を含む。上限は、88,000円。)が所得控除の対象になります。
 この控除を受けるには、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行うことが条件となり、その一定の取組のひとつに、市で実施する特定健康診査(健康診査)やがん検診が含まれます。控除の申請には、一定の取組を行った証明の提示が求めれますので、市川市の健(検)診を受けた証明として、宛名の用紙の下部にあります「市川市特定健康診査・がん検診受診済証明書」を使用することができます。健(検)診を受診する際に、医療機関で記載(スタンプ等)してもらい、控除の申請の際にご利用ください。
 なお、この特例の適用を受ける場合、現行の医療費控除の適用を受けることができませんのでご注意ください。
※セルフメディケーション税制の詳細は、国税庁ホームページでご確認ください。
 ※スイッチOTC医薬品の対象品目は薬局でお尋ねいただくか、厚生労働省ホームページでご確認ください。

6.集団検診会場

会場 住所 交通 地図
保健センター 市川市南八幡2丁目20番2号 JR本八幡駅南口から徒歩7分
 
GoogleMapのリンクです。
新しいウインドウで開きます。
南行徳保健センター 市川市南行徳1丁目21番1号
(南行徳市民センター内)
東京メトロ東西線南行徳駅から徒歩約1分 GoogleMapのリンクです。
新しいウインドウで開きます。
急病診療所 市川市大洲1丁目18番1号
(大洲防災公園内)
京成バス「大洲防災公園」下車 GoogleMapのリンクです。
新しいウインドウで開きます。
J:COM北市川スポーツパーク 市川市柏井町4丁目277 番1 京成バス「     医療センター入り口」下車徒歩3分、「市川営業所」下車徒歩3分
コミュニティバス「保健医療福祉センター」下車徒歩3分
GoogleMapのリンクです。
新しいウインドウで開きます。
国府台スポーツセンター 市川市国府台1丁目6番4号 京成バス「和洋女子大前」下車徒歩2分 GoogleMapのリンクです。
新しいウインドウで開きます。
行徳公民館(新館) 市川市末広1丁目1番31号
(行徳図書館内1階)
東西線行徳駅から徒歩5分 GoogleMapのリンクです。
新しいウインドウで開きます。

 

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 保健部 保健センター 疾病予防課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目18番8号
予防・急病担当  (直通)電話:047-377-4512
健診担当      (直通)電話:047-377-4513
特定保健指導担当(直通)電話:047-377-4514
保健センター    (代表)電話:047-377-4511 FAX:047-376-8831