ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > 高齢者 > 認知症 > 認知症の早期診断・早期対応に向けて

認知症の早期診断・早期対応に向けて

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年2月24日

認知症初期集中支援チームとは

認知症初期集中支援チームとは、認知症の早期診断、早期対応のため専門職が高齢者サポートセンターと
連携して、生活上の困難さなどを、ご本人やご家族と一緒に確認し、認知症になっても本人の意見が尊重され、
できる限り住み慣れた地域で暮らし続けられるように、その方に合った支援を行うためのチームです。
 
 

支援対象者

 40歳以上で、自宅で生活をしている認知症の方や認知症が疑われる方で、下記のいずれかにあてはまる
 方になります。
  • 認知症の診断を受けていない、または治療を中断している
  • 医療サービスや介護サービス等を利用していない
  • 何らかのサービスを利用しているが、認知症による症状が強く、どのように対応してよいか悩む、困っている

支援内容

家庭訪問を行い、認知症の状態や生活状況に応じて、個別の支援方針を検討いたします。
  • 医療・介護サービスの調整
  • 必要に応じて専門医療機関、かかりつけ医への受診の促しや調整
  • 認知症の対応などのアドバイス
  • 支援が継続されるよう関係機関への引継ぎ 

認知症初期集中支援チーム員

専門医と保健師、看護師、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士の
医療保健福祉の専門職で構成されています。
 

支援の流れ

 ご本人、ご家族、近隣住民、民生委員などが認知症の気付き
  ↓
 高齢者サポートセンターへ相談、連絡
  ↓
    必要に応じて

 認知症初期集中支援チームへの依頼
  ↓
 家庭訪問
  ↓
 チームで支援方針を検討
  ↓
 集中支援 (おおむね6ヶ月間)
  ↓
 支援終了(高齢者サポートセンター、ケアマネジャーなどへの引継ぎ)
 

おおむね6ヶ月間、集中的に、支援を行います。

支援終了後も、安心して生活が続けられるように高齢者サポートセンター、ケアマネジャーなど
の関係機関へ引継ぎを行います。
 

認知症の相談について

認知症かな?と心配になったら、高齢者サポートセンターへご相談、ご連絡ください。

高齢者サポートセンター(地域包括支援センター)一覧
 
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 福祉部 地域支えあい課
〒272-0026
千葉県市川市東大和田1丁目2番10号 分庁舎C棟2階
電話:047-712-8518 FAX:047-712-8789
地域づくりグループ 電話:047-712-8519 FAX:047-712-8789
在宅医療・介護連携グループ 電話:047-712-8521 FAX:047-712-8789
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで