おひさまキッズ

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2021年5月21日
 医療型児童発達支援計画を作成し、保育士・児童指導員・看護師等を中心としたスタッフが、お子さんに適した医療型児童発達支援を提供します。

○住所  : 市川市大洲4-18-3 こども発達センター内
○電話  : 047-376-1113
○対象  : 主に運動発達に課題のある未就学児(2~5歳児)
○開所日 : 月曜~金曜日
○保育時間: 午前10時~午後2時30分
○お休み : 土日祝日、年末年始など
○費用  : 所得に応じ、定められた額を負担していただきます。
園内の画像 園内の画像 スヌーズレンの画像

通園形態

○ 2~5歳児 : 親子通園が基本となります

通園のねらい

1. こどもの生活・発達を支援する
2. ご家族の子育てを支援する
3. 地域での生活と連携

1日の流れ

時間 内容
10:00 登園・朝の支度
10:30 朝のあつまり
リトミック
11:00 クラス活動(制作・感覚あそび・運動あそびなど)
12:00 給食
13:00 自由あそび
親子たいそう
帰りのあつまり
14:30 降園

保育指導

 保護者と一緒にいろいろなあそびを経験しながら、お子さんの成長を育みます。またキッズの療育の中で、日常生活における姿勢、食事、排泄、着脱などの介助の仕方を支援していきます。
 プール療育やリズムあそび、各種行事を行います。

保健指導

 嘱託医による診察、各専門指導を行います。

特別支援

 必要に応じて、作業療法、理学療法など各種特別支援を行います。

給食の提供

 こども発達センターで作った給食を提供します。また、必要に応じて。管理栄養士による栄養指導を行います。
 作業療法士と連携し、お子さんに合わせた形態食を提供します。
形態食の段階や画像は、以下のリンク先をご覧ください。
こども発達センター 形態食(PDF)

保護者支援

 個別面談、保護者研修、勉強会、参観、家族の参加できる行事などを実施し、保護者の支援を行います。

園バスによる送迎サービスの提供

 市内4コースを園バス4台により送迎します。

医療的ケアについて

 医師の指示によって、日常的に行われている医療的ケアの提供については、ご相談ください。
医療的ケアの例:喀痰吸引、経管栄養、導尿、人工肛門管理、酸素吸入、発熱時の熱性けいれん予防目的での緊急与薬

入園の申し込み等

対象児童

 市川市在住で、発達に課題を持つ就学前のお子さん

入園相談

まずは、電話にて、お問い合わせください。
電話:047-376-1113

施設見学

 はじめに、親子での体験・見学をお願いします。
日程を調整させていただきますので、お電話にてお問い合わせください。

関連リンク

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 こども政策部 発達支援課
〒272-0032
千葉県市川市大洲4丁目18番3号
管理グループ 電話:047-370-3561 FAX:047-376-1115
こども発達相談室 電話:047-370-3577 FAX:047-376-1115
通園グループ 電話:047-376-1113 FAX:047-370-8666