ホーム > 文化・観光 > 国際交流 > 交流都市 > 平成25年度 市川市青少年代表団メダン市派遣事業

平成25年度 市川市青少年代表団メダン市派遣事業

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2019年4月5日
 市川市とインドネシア共和国メダン市は、平成元年11月4日に姉妹都市を締結以来、公式団・市民団並びに青少年交流をはじめ、様々な分野での交流や活動を実施し、友好親善や両市市民の相互理解を深めることに努めてきました。

 平成25年8月15日から8月24日にかけて、市川市在住の高校生6名と引率者1名の合計7名からなる市川市青少年代表団が、メダン市を訪問しましたのでご紹介いたします。

 メダン市滞在中、市長表敬訪問、現地高校生との交流、ゴム園・果物市場等の見学、風光明媚なトバ湖畔での宿泊など様々なイベントに参加するなど、メダン市内でホームステイをしながら、インドネシア文化・生活習慣などを体験しました。

メダン市内の様子
メダン市内の様子
メダン市役所
メダン市役所
 現地の高等学校を訪問した際には、メダン市学生によるコーラスや、民族舞踊を披露してくださいました。 踊りの際には、市川市側も飛び入り参加して会場は大いに盛り上がりました。市川市の高校生からは、柔道の技を披露して交流を深めました。

民族舞踊を体験
民族舞踊を体験
熱心に質問するメダンの高校生
熱心に質問するメダンの高校生
 また、8月17日に開催された第68回インドネシア独立記念式典にも参加しました。厳粛な雰囲気のなか軍人の行進、国家斉唱が続き、高校生たちは改めて、国家の独立、平和等について考えさせられました。

独立記念祭の会場にて
独立記念祭の会場にて
式典の様子
式典の様子
 メダン日本総領事館にて月2回活動し、主に大学生、高校生が所属する日本語サークル「日本語しゃべろう会」と、日本の遊び等を通じて交流を行いました。

「おはじき」に興じる学生
「おはじき」に興じる学生
「日本語しゃべろう会」の皆さんと
「日本語しゃべろう会」の皆さんと
 ゴム園やコーヒー園を訪れ、インドネシアの自然、農業に触れました。

ゴム園
ゴム園
コーヒー園
コーヒー園
 メダン総領事主催の送別会では、市川の高校生たちがインドネシアについて感じたことを思い思いに述べました。

 インドネシアの学生達から青少年代表団に向けて、心のこもった演奏をいただいた後、インドネシアで人気のある日本の歌「心の友」を参加者全員で歌いました。

スピーチをする青少年
スピーチをする青少年
「心の友」を熱唱
「心の友」を熱唱
今回の青少年交流では、派遣前の準備は、市川市国際交流協会の学生会の皆さんにサポートしていただき、メダン市滞在中は、過去に市川市へ派遣されたメダン市学生OB・OGの学生の皆さんにより構成された学生会(OSEM)が中心となって受入れの準備をしてくださいました。

両市の学生会に支えられた素晴らしい事業であったと思います。

今後さらに交流が深まることを期待しています。

現地学生会とのミーティング
現地学生会とのミーティング
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 企画部 国際政策課
〒272-8501
千葉県市川市八幡1丁目1番1号
電話:047-712-8590 FAX:047-712-8763