ホーム > 市政 > 国際政策 > 交流都市 > ジャポニスム2018

ジャポニスム2018

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2019年11月13日

ジャポニスム2018にて行徳神輿を紹介しました

 2018年7月から2019年2月までの8ヶ月間にわたり、日仏友好160年を記念して仏の両国政府間合意に基づき、パリを中心に大規模な日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響きあう魂」が開催されています。
 50余りの公式企画が開催されているなか、日本全国の民族芸能や生活文化を紹介する「地方の魅力-祭りと文化」に本市も参加し、行徳まちづくり協議会のご協力を得て、「神輿の組立・解体デモンストレーション」及び神輿パレードを行いました。

神輿の組立・解体デモンストレーション

≪日にち≫ 2018年10月18日(木)
≪会場≫ パリ日本文化会館

 行徳まちづくり協議会 中台洋会長による神輿づくりに関するお話とともに、木地職人による神輿の組立・解体やカンナがけのデモンストレーションの後には、参加者に実際にカンナがけ体験をしていただきました。
神輿組立解体デモンストレーション
カンナがけ体験の様子

神輿パレード

≪日にち≫ 2018年10月20日(土)・22日(月)
≪会場≫ アクリマタシオン庭園

 10月20日(土)~22日(月)の3日間に、パリ16区にある森林公園、「ブローニュの森」内にあるアクリマタシオン庭園にて、7つの日本各地伝来の祭りの披露が行われ、本市は20日及び22日に神輿パレードを行いました。パレードには本市の担ぎ手、市川市国際交流協会会員を中心とした市民団の皆様、イッシー市民、パリ市民など多くの方々にご参加いただきました。(来場者数:3日間で60,000人)
 パレードの最後には本市の担ぎ手が行徳もみを披露しました。
神輿パレードの開始を待つ人々
イッシー市のサンティニ市長と村越市長
パレードの様子
パレードの様子
パレードの様子
行徳もみの披露

イッシー・レ・ムリノー市との交流

両市長会談

 村越市長の就任後初めての両市長会談を実施し、今後の両市の交流について意見交換をしました。

イッシー市内視察

 市内の軍用跡地を開発したデジタル要塞であるフォール地区や託児施設の視察などを行いました。

市民団による日本文化紹介

 イッシー市内の会場にて本市の市民団による日本文化紹介が行われました。市民団による折り紙のデモンストレーションや呈茶を多くのイッシー市民が楽しんでいらっしゃいました。
茶道ワークショップの様子
茶道ワークショップの様子
折り紙ワークショップの様子
折り紙ワークショップの様子

神輿ワークショップ

 イッシー市でも行徳まちづくり協議会の中台会長による神輿ワークショップを開催しました。
神輿ワークショップの様子
 今回のパリ及びイッシー・レ・ムリノー市訪問では、フランスにおける日本文化に対する関心の高さを実感することができました。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 企画部 国際政策課
〒272-8501
千葉県市川市八幡1丁目1番1号
電話:047-712-8590 FAX:047-712-8763