ホーム > 文化・観光 > 文化 > その他文化情報 > 【終了しました】永井荷風-「断腸亭日乗」と「遺品」でたどる365日- 

【終了しました】永井荷風-「断腸亭日乗」と「遺品」でたどる365日- 

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年3月9日
 
  永井荷風展 チラシ

開館記念の特別展は、市川にゆかりの深い文豪・永井荷風(1879~1959)の人となりを紹介する〈永井荷風―「断腸亭日乗」と「遺品」でたどる365日―〉を開催いたします。
 
 
【「断腸亭日乗」とは?】
 荷風は1946年(昭和21年)から市川に移住し、八幡を終焉の地としました。亡くなる前日まで40年以上にわたって書き続けられた日記「断腸亭日乗」は、日記文学の最高峰と評される作品になっています。
創作活動や日々の暮らし、交友、世事世相など実に多くのことが記され、読むものを魅了してやみません。         
                                 
 
この「断腸亭日乗」をはじめ、蔵書や文具、衣類、日用品など市川の暮らしのなかで残された遺品は、晩年の荷風を知るうえで貴重な資料です。

なお、荷風が間借りしたフランス文学者・小西茂也が書いた荷風に関するメモのほか、「荷風の葬儀映像(葛飾八幡宮所蔵)」を初めて展示します。

本展では、これら「断腸亭日乗」と「遺品」を相互に結びつけながら、ともにひも解くことで、荷風の日常、あるがままの生き方を紹介いたします。

※期間中、資料保存のため展示替えをします。
「断腸亭日乗」原本出品目録
 展示目録前期(~9月1日まで)
 展示目録後期(9月2日~)
通常展示フロア出品目録
 

会期・観覧料

【会期】
平成25年7月20日(土)~10月14日(月・祝)

【休館日】
月曜日(9月16日、9月23日、10月14日は開館)、7月31日、9月17日、9月24日、9月27日

【開館時間】
平日 10時~19時30分(企画展示室の入室は19時まで)
土日祝 10時~18時(企画展示室の入室は17時30分まで)

【観覧料】
一般 400円(320円) 65歳以上 320円
高大生 200円(160円) 中学生以下無料
障害者手帳をお持ちの方と付添いの方1名無料
エコボカード満点1枚につき、1名無料
※()内は、25名以上の団体料金
 

開館記念イベント

講演会

川本三郎氏(評論家) 「荷風をめぐる女性たち」
    平成25年9月7日(土)14時~
    グリーンスタジオ(市川市生涯学習センター2階) 参加者138名 ※終了しました。
   
筥崎博生氏(葛飾八幡宮宮司)「父筥崎鴻東と荷風の交友」
    平成25年8月7日(水)14時~
    ベルホール(市川市生涯学習センター2階) 参加者45名 ※終了しました。   

映画・ビデオ上映-「ぼく東綺譚」や井上ひさし氏講演会を上映します-


井上ひさし氏講演ビデオ上映会「私の見た荷風先生」(2004年/90分)
   [1]9月22日(日)11時~  [2]9月29日(日)14時~
   グリーンスタジオ(生涯学習センター2階) ※終了しました

●「永井荷風―個我の自由を求めて」(紀伊國屋書店ビデオ評伝シリーズ)(2002年/63分)
   [1]9月22日(日)14時~  [2]9月29日(日11時~
   グリーンスタジオ(生涯学習センター2階) ※終了しました

●「ぼく東綺譚
」(1960年/120分)
   7月28日(日)14時~
   グリーンスタジオ(生涯学習センター2階) 参加者130名 ※終了しました。 


 

文学散歩-荷風の足跡をたどってみませんか?-

●「荷風ゆかりの地をめぐる」 (市川案内人の会)
   9月16日(月祝)10時~12時 京成真間駅改札集合~葛飾八幡宮解散
   定員30名(要申込)8月30日必着      ※台風18号接近のため中止となりました。申し訳ございません。

 
 
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市文学ミュージアム
(市川市 文化スポーツ部 文化施設課)
〒272-0015
千葉県市川市鬼高1丁目1番4号 生涯学習センター(メディアパーク市川)2階
電話:047-320-3334 FAX:047-320-3356