井上ひさし展

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2020年7月29日

井上ひさし展 とにかく書くのが楽しかった

※重要なお知らせ(令和2年7月17日更新)
井上ひさし展関連イベント(講演会「井上ひさしと現代演劇)/映画上映会「巴里のアメリカ人」)は、新型コロナウイルス感染拡大状況を鑑み、開催中止と決定致しました。
楽しみにして下さっていた皆さまには大変申し訳ございませんが、ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

井上ひさし展チラシ画像

令和2年度市川市文学ミュージアム企画展 没後10年記念
 
井上ひさし展 とにかく書くのが楽しかった



 1967年(昭和42)、創作の場を市川に移した井上ひさしは、この地で20年にわたり戯曲のほか小説『吉里吉里人(きりきりじん)』などの代表作を次々に発表し、作家としての地位を確立しました。多くの作品に市川の地名や街並みが登場します。
 本展では、初代館長を務めた仙台文学館の特別展「井上ひさしの劇列車」の資料に加え、市川ゆかりの戯曲や小説、創作資料、「よみっこ運動」などの文化活動をご紹介します。書くことのエネルギーに満ちあふれ、精力的に生み出した作品から、井上ひさしの創作の魅力をお伝えします。
 
【会期】2020年7月18日(土)から9月6日(日)まで
              ※会期中、一部展示替えを行います。
              (前期:7月18日から8月10日まで 後期:8月12日から9月6日まで)
 
              平 日:10時から19時30分まで
              土日祝:10時から18時まで
              ※入館は閉館時間の30分前まで
 
              休館日:月曜日(8月10日は開館)、7月31日、8月11日
 
【観覧料】一般500円(400円) 65歳以上400円(300円) 高大学生250円(200円)
               中学生以下無料
              ※( )は25名以上の団体料金
              ※障害者手帳をお持ちの方と付添の方1名無料
 
【主 催】市川市
 
【協 力】井上事務所 こまつ座 仙台文学館 遅筆堂文庫ほか

展覧会のみどころ

◆市川で書かれた小説や戯曲の書籍のほか、「イーハトーボの劇列車」「小林一茶」「手鎖心中」「東京セブンローズ」などの自筆原稿18点、創作資料20点、書斎に置かれていた辞書や原稿用紙、筆記具などの愛用品13点など、約180点を展示いたします。
 
◇初公開の収蔵資料「家庭口論」原稿を展示します。市川市内の最初の家が本の多さで床が3回抜けたというエピソードが書かれた回の原稿です。
また、ベストセラー小説『吉里吉里人』の自筆原稿や創作資料、手作りの吉里吉里国地図などをパネル展示し、徹底的に世界観を作り上げて作品を書き上げた創作の過程をご紹介します。
 
◆井上ひさしのトレードマークともなっている丸眼鏡や筆記具、辞書などの愛用品を展示し、晩年暮らした鎌倉の書斎机を再現しています。言葉にこだわり続けた作家・井上ひさしならではの、たくさんの付箋や書き込みのある辞書は必見です。
 
市川が描かれている書籍を年代順に展示し、数多くの作品に市川が登場していることを一目でご覧いただけるコーナーがあります。
 

関連イベント

※開催中止 講演会「井上ひさしと現代演劇」

※新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、開催中止と致しました。

井上ひさしの演劇作品を振り返りながら、没後10年の現代演劇についてご講演いただきます。

【日時】7月25日(土)14時から15時30分
【講師】嶋田直哉氏(明治大学政治経済学部准教授)
【協力】井上ひさし研究会
 

※開催中止 映画上映会「巴里のアメリカ人」

※新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、開催中止と致しました。

井上ひさしが大好きなアメリカ映画。井上イチオシの作曲家、G・ガーシュウィンの映画音楽とともにお楽しみください。

【日時】8月29日(土)14時から
【作品】1951年(アメリカ)、字幕、カラー113分
監督:ヴィンセント・ミネリ    作曲:ジョージ・ガーシュウィン
主演:ジーン・ケリー、レスリー・キャロン

展覧会図録

その他

ご来場に際してのお願い

ご理解・ご協力のほどお願いいたします。
1 お名前、住所、連絡先などを来館者カードへご記入ください。
2 展示室内の入室制限と各展示ケースのソーシャルディスタンスのお願いいたします。
3 手指の消毒、マスク着用のお願いいたします。
4 発熱・体調不良の方はご来館をご遠慮ください。
5 ご観覧の妨げとならないよう配慮しながら、展示室内の消毒を定期的に行っております。
6 展示室内では会話をお控えください。
7 ギャラリートークは休止とさせていただきます。
 

井上ひさし展2020スタンプラリー

井上ひさし没後10年となる2020年。ゆかりの地で開催される企画展を一年かけてめぐるスタンプラリー。東北3館と関東3館で開催されます。各館オリジナルスタンプもお楽しみです。3館以上まわって、井上ひさし特注原稿用紙をもらおう!
※スタンプ帳は市川市文学ミュージアムのミュージアムカウンターと3階資料室にて配布しています。
 
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市文学ミュージアム
(市川市 文化スポーツ部 文化施設課)
〒272-0015
千葉県市川市鬼高1丁目1番4号 生涯学習センター(メディアパーク市川)2階
電話:047-320-3334 FAX:047-320-3356