ホーム > 暮らし > 自然・環境・緑化 > 自然 > その他の関連情報 > 鳥インフルエンザについて

鳥インフルエンザについて

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2020年12月28日
日本国内では鳥類の感染症である高病原性鳥インフルエンザが複数の道県で発生しています。現在、環境省の対応レベルは3(国内複数箇所発生/令和2年11月5日から継続中)です。
市民のみなさまにおかれましては、野鳥(特に水鳥や猛禽類)の死骸や弱った野鳥にみだりに近づかないようご注意ください。また、複数の野鳥の死骸などを見た場合には、下記問い合わせ先にご連絡ください。

 

鳥インフルエンザとは

鳥インフルエンザは、「鳥類」の感染症です。
鳥インフルエンザウィルスは、カモ類などの野生の水鳥が保菌しています。
ニワトリやアヒルなどの家禽に感染すると非常に高い病原性をもたらす(高病原性鳥インフルエンザ)ものがあり、養鶏産業の脅威となっています。

鳥インフルエンザウィルスは、感染した鳥との濃密な接触などの特殊な場合を除いて、通常では人間に感染しないと考えられています。日常生活においては、鳥の排泄物などにふれた後は、手洗いなどをしていただければ、過度に心配する必要はありません。

 
〈問い合わせ先〉  
○平日      市川市生活環境整備課(047-712-6307) ※午前9時から午後5時まで 
                千葉県葛南地域振興事務所(047-424-8092) 

○土日祝日 千葉県環境生活部自然保護課(090-7267-1288) ※午前9時から午後4時まで

〈関連リンク〉
○環境省 「高病原性鳥インフルエンザに関する情報」
○環境省 「死亡した野鳥を見つけたら」
○千葉県 「高病原性鳥インフルエンザ~県民の方々へ~」
 
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 環境部 生活環境整備課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
自然共生グループ 電話:047-712-6307(野生生物関係)
             電話:047-712-6314(雑草除去、ねずみ・衛生害虫対策)
             FAX :047-712-6308
環境配慮グループ 電話:047-712-6306(環境啓発)
             電話:047-712-6317(ごみ減量・資源化の啓発 )
             FAX :047-712-6308
行徳野鳥観察舎  電話:047-702-8045
             FAX :047-702-8047