ホーム > 暮らし > 自然・環境・緑化 > 環境 > その他 > 東京電力株式会社への要望・請求等

東京電力株式会社への要望・請求等

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2020年12月8日

東京電力株式会社への要望書提出

 千葉県内の湾岸6市が共同で、東京電力株式会社へ、福島第一原子力発電所事故による放射能汚染対策に対する要望書を提出しました。
 本島・危機管理監及び各市の代表者が東京電力株式会社千葉支店を訪ね、放射能汚染に関する補償基準の早期策定と適切な補償などについて要望しました。

  【要望者】   市川市長・千葉市長・船橋市長・習志野市長・市原市長・八千代市長
  【要望先】   東京電力株式会社 社長 西澤俊夫
  【要望日】   平成23年11月10日(木)
  【要望項目】  ・各都市が負担した放射能汚染に起因した費用について、早急に補償
             基準を策定し、適切な補償を行うこと。
            ・各都市が行う放射能汚染に係る対応について、人的・物的な支援を行うと
             ともに、貴社の協力体制を確立すること。
            ・被災事業者等が行う損害賠償事務の手続きの簡素化を図るとともに、
             速やかな支払を行うこと。
            ・東京電力株式会社自らが、率先して、市民の不安を解消するための
             広報を適切に行うこと。
  【要望書】   要望書についてはこちらをご覧下さい。 

要望書提出の様子
要望書提出の様子

東京電力株式会社への要望等について

東京電力株式会社に対する質問状の提出について

 市川市では、東京電力株式会社福島第一原子力発電所の事故に起因する経費について損害賠償請求を行なっております。
 原子力損害賠償に対する今後の対応について判断するため、千葉県及び県内の他市等と連携し東京電力株式会社へ質問状を提出いたしました。
   提出日及び提出方法
     平成26年9月12日(金)
     千葉県庁において、千葉県防災危機管理部 原発事故対応・復旧復興担当部長から、
     東京電力株式会社千葉補償相談センター所長に手渡し。

市川市からの質問・意見はこちらをご覧ください

東京電力株式会社からの質問状に対する回答について

 平成26年9月12日に東京電力株式会社へ提出した質問状に対する回答書が平成26年10月15日に提出されましたのでお知らせいたします。
 今後は、公的な紛争解決機関への申し立ても視野に入れて検討してまいります。

本市質問状に対する東京電力株式会社からの回答

東京電力株式会社への放射能対策に要した費用(第1次分)の請求と回答について

東京電力への費用の請求

 平成24年5月31日(木)に、市川市は東京電力株式会社へ、福島第一原子力発電所事故による放射線対策に要した費用の請求を行いました。

 市川市では、市民の安全・安心のため、学校等や公園での放射線量の測定をはじめ市民へ測定器貸し出し、給食まるごと検査や市川産農作物の放射性物質検査等を実施しておりますが、これらに係る費用は本市が負担しているところです。

 しかしながら、原因事業者である東京電力株式会社が賠償すべきものとして、本市が事故発生から平成24年3月31日までに負担した費用(第一次分)について請求を行いました。
 また平成24年度などこれからかかる費用についても、今後請求を行っていくつもりです。

 今回、市川市では古賀危機管理監が、東京電力千葉補償相談センター森所長に対し請求を行い、また船橋市、習志野市、市原市の各市代表者も同時に請求を行いました。

費用の請求書等

今回、市川市の請求額は109,258,000円です

放射線対策に要した費用の請求書はこちらをご覧ください

請求の様子

東京電力株式会社(左)に請求書を提出する市川市危機管理監(右)
東京電力株式会社(左)に請求書を提出する市川市危機管理監(右)

市川市の他、習志野市・市原市・船橋市と同時に請求しました
市川市の他、習志野市・市原市・船橋市と同時に請求しました

東京電力からの回答

平成24年7月10日(火)に東京電力株式会社より、請求した費用に対する回答がありました。市川市では引き続き、本市で負担している放射線に係る費用を請求していくつもりです。

請求した費用に対する回答についてはこちらをご覧ください。

東京電力への放射能対策に要した費用(第2次分)の請求と回答について

東京電力への費用の請求

 市川市は、東京電力株式会社に対して、福島第一原子力発電所事故による放射能対策に要した費用について、東京電力が賠償すべきものとして、平成24年5月31日に第1次請求を行いました。
 今回、平成24年度までに新たに発生した費用及び第1次請求における未賠償分について、平成27年6月16日に第2次請求を行いました。

請求内容

今回の第2次請求額は97,399,264円で、主な請求費用は、市民の安全・安心を確保するために公園の表土の転地返しなど低減対策のために要した除染費用及びクリーンセンター焼却残渣処分費などです。

請求書はこちらをご覧ください。

東京電力からの回答

平成27年7月15日付で東京電力から回答がありました。

回答書はこちらをご覧ください。

東京電力への放射能対策に要した費用(第3次分)の請求と回答について

東京電力への費用の請求

市川市は、東京電力ホールディングス株式会社(以下「東京電力」という。)に対して、福島第一原子力発電所事故による放射能対策に要した費用について、東京電力が賠償すべきものとして、平成24年5月31日に第1次請求、平成27年6月16日に第2次請求を行いました。今回、平成26年度までに新たに発生した費用及び第1次請求、第2次請求における未賠償分について平成28年5月31日に第3次請求を行いました。

請求内容

今回の第3次請求額は153,589,150円で、主な請求費用は、クリ-ンセンター焼却残渣処分費、放射能対策に要した人件費などです。

 請求書はこちらをご覧ください。

東京電力からの回答

平成28年6月27日付で東京電力から回答がありました

回答書はこちらをご覧ください。

東京電力への放射能対策に要した費用(第4次分)の請求と回答について

東京電力への費用の請求

市川市は、東京電力ホールディングス株式会社(以下「東京電力」という。)に対して、福島第一原子力発電所事故による放射能対策に要した費用について東京電力が賠償すべきものとして、平成24年5月31日に第1次請求、平成27年6月16日に第2次請求、平成28年5月31日に第3次請求、平成28年9月6日に第4次請求を行いました。

請求内容

今回の第4次請求額は224,463,041円で、主な請求費用は、クリーンセンター焼却残渣処分費、放射能対策に要した人件費などです。

 請求書はこちらをご覧ください。

東京電力からの回答

平成28年9月30日付で東京電力からの回答がありました。

 回答書はこちらをご覧ください。

東京電力への放射能対策に要した費用(第5次分)の請求と回答について

東京電力への費用の請求

市川市は、東京電力ホールディングス株式会社(以下「東京電力」という。)に対して、福島第一原子力発電所事故による放射能対策に要した費用について東京電力が賠償すべきものとして、平成24年5月31日に第1次請求、平成27年6月16日に第2次請求、平成28年5月31日に第3次請求、平成28年9月6日に第4次請求、そして平成29年10月10日付で第5次請求を行いました。

請求内容

今回の第5次請求額は63,276,048円で、主な請求費用は、平成28年度におけるクリーンセンター焼却残渣処分費、放射能対策に要した人件費などです。

 請求書はこちらをご覧ください。

東京電力からの回答

平成29年11月6日付で東京電力からの回答がありました。

 回答書はこちらをご覧ください。

東京電力への放射能対策に要した費用(第6次分)の請求と回答について

東京電力への費用の請求

 市川市は、東京電力ホールディングス株式会社(以下「東京電力」という。)に対して、福島第一原子力発電所事故による放射能対策に要した費用について東京電力が賠償すべきものとして、平成24年5月31日付で第1次請求、平成27年6月16日付で第2次請求、平成28年5月31日付で第3次請求、平成28年9月6日付で第4次請求、平成29年10月10日付で第5次請求、そして平成30年9月20日付で第6次請求を行いました。

請求内容

 今回の第6次請求額は70,302,201円で、主な請求費用は、平成29年度におけるクリーンセンター焼却残渣処分費、放射能対策に要した人件費などです。

 請求書はこちらをご覧ください。

東京電力からの回答

 平成30年10月11日付で東京電力から回答がありました。

 回答書はこちらをご覧ください。
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 環境部 生活環境保全課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号

水質・土壌・廃棄物グループ
  電話:047-712-6310(水質・土壌)
  電話:047-712-6318(事業系ごみ)
  FAX:047-712-6316(各グループ共通)
大気・騒音・振動グループ
  電話:047-712-6311(大気)
  電話:047-712-6312(騒音・振動)
  電話:047-712-6313(放射能)
管理グループ
  電話:047-712-6309(犬の登録・地域猫など)