パソコンの出し方Q&A

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2019年8月5日

パソコンの処分

 ご家庭で不用になったパソコンは、資源有効利用促進法に基づき、メーカー等によるリサイクルが行われているため、市では受入を行っておりません。
 パソコンを廃棄される場合は、メーカー等へお問い合わせください。
 
 詳しくは、一般社団法人パソコン3R推進協会(電話03-5282-7685)へお問い合わせください。
 
 以下のQ&Aは、パソコンの出し方のページをご覧になってからお読みください。
 
 

出し方

どのような製品がリサイクルの対象として回収されるのですか?

デスクトップパソコン(本体)、ノートパソコン、(パソコンの)CRTディスプレイ、(パソコンの)液晶ディスプレイが対象となります。
また、ディスプレイ(CRT又は液晶)一体型のパソコンも対象となります。
(キーボード、マウス、テンキー、コード類、マイク、スピーカー等、製品に同梱されていた付属装置は、パソコンと一緒に排出される場合は回収されます。)
ただし、プリンターなどの周辺機器、ワープロ専用機、PDA、ワークステーション、サーバーなどは対象となりません。

【対象になるパソコン】
パソコン・ディスプレイ
   ・ノート型パソコン  ・デスクトップパソコン(本体)   ・CRTディスプレイ   ・液晶ディスプレイ
   
   ※ノート型パソコンは小型家電としても回収をしています。 

どのメーカーのパソコンも回収されるのですか?

どのメーカーのパソコンでも、倒産や事業撤退していない限りは、そのメーカーが回収します。
(パソコンを製造・販売または輸入・販売する全ての事業者には回収・再資源化の義務があります)

海外から直接自己輸入したパソコンや自分で組み立てたパソコンについては、どうすればよいのですか?

海外から直接自己輸入したパソコン、又は、自分で組み立てたパソコンについては、回収・再資源化の義務者が存在していません。
このようなパソコンについては、「一般社団法人 パソコン3R推進協会」が回収しています(有償)。

「一般社団法人 パソコン3R推進協会」
 電話       03-5282-7685
 受付時間    午前9時~正午/午後1時~午後5時
           (土・日・祝日・年末年始除く)
 ホームページ  http://www.pc3r.jp/

メーカーが事業撤退や倒産して回収義務のある事業者がいなくなったパソコンはどうすればよいのですか?

メーカーが倒産・事業撤退した場合であっても、事業を引き継ぐ者がいれば、その事業者が処理を行うことになります。
しかし、事業を引き継ぐ者がなく、リサイクルの実施主体がない場合は「一般社団法人 パソコン3R推進協会」が回収しています(有償)。

「一般社団法人 パソコン3R推進協会」
  電話       03-5282-7685
  受付時間    午前9時~正午/午後1時~午後5時
            (土・日・祝日・年末年始除く)
  ホームページ  http://www.pc3r.jp/

本体とディスプレイのメーカーが異なる場合、それぞれ別々に回収を申し込まなければいけないのですか?

メーカーが異なる場合は、それぞれメーカー毎に申し込みをしてください。

料金

リサイクル料金はどの位かかりますか?

リサイクル料金は各メーカーが製品種別ごとに独自に定めております。各社のwebページなどでご確認ください。
平成15年9月30日以前に販売されたパソコン等、処分するときにPCリサイクルマークがついていないパソコンは原則としてリサイクル料金を支払う必要がありますが、平成15年10月1日以降に販売されたPCリサイクルマークの付いたパソコンはリサイクル料金がかかりません。(パソコン購入価格にリサイクル料金が含まれているため)
パソコンリサイクルマーク
パソコンリサイクルマーク

PCリサイクルマークがついているパソコンもリサイクル料金がかかりますか?

PCリサイクルマークがついているパソコンは購入価格にリサイクル料金が含まれていますので、処分時にリサイクル料金を支払う必要はありません。

その他

回収をしてもらう時はハードディスクのデータを消しておくことが必要ですか?

データの管理は利用者の方がご自身の責任で行うことが重要です。消去の方法としては、専用ソフトを使用する、又は専用装置を利用する、金槌などで物理的に破砕する等の方法があります。パソコンが故障しており、利用者自身がどうしてもデータ消去できない時は、メーカーにご相談ください。

回収した後、パソコンはどのように再資源化されますか?

回収したパソコンは以下の様な流れで部品、資源料、再生品にリサイクルされます。
パソコンの資源化の流れ
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 環境部 生活環境整備課
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号
自然共生グループ 電話:047-712-6307  FAX:047-712-6308(両グループ共通)
環境配慮グループ 電話:047-712-6306(環境啓発)、電話:047-712-6317(ごみ減量・資源化の啓発 )
行徳野鳥観察舎  電話:047-702-8045  FAX:047-702-8047