ホーム > 市政 > 市政の運営 > 財政 > 事業別行政コスト計算書

事業別行政コスト計算書

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2020年2月25日
 財務書類4表のうち、「行政コスト計算書」は、1年間の行政活動のうち、資産形成以外のために使われた費用について示した計算書です。従来の地方公共団体の会計手法(現金主義・単式簿記)では把握できなかった現金を伴わない費用(減価償却費など)も、費用に含めています。
 
「事業別行政コスト計算書」は、この行政コスト計算書の費用状況を、事業ごとに集計したものです。
 

 ◎各項目に含まれるコスト
 
●人にかかるコスト 職員給料、退職給付引当金繰入、共済費等その他の人件費など
●物にかかるコスト 消耗品費や光熱水費、通信運搬費、施設修繕料、減価償却費など
●業務に関連するコスト サービス提供にかかる委託料や、システムの使用料・賃借料など
●その他のコスト 借入金に係る利息負担分や、他団体に対する補助金、社会保障にかかる費用など

 

平成28年度 事業別行政コスト計算書

平成28年度は、市川市第二次実施計画(2014~2016年度)で、重点事業と位置付けられた事業について、行政コストを算出しました。

● 事業別行政コスト計算書(平成28年度決算版)
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 財政部 財政課
〒272-8501
千葉県市川市八幡1丁目1番1号
電話:047-712-8595 FAX:047-712-8757