ホーム > 暮らし > > 市民税 > 海外居住者の扶養控除の申請について

海外居住者の扶養控除の申請について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2020年11月30日

制度の概要

平成27年度税制改正(平成29年度より適用)により、日本国外に居住する親族(国外居住親族)に係る扶養控除等の適正化の観点から、所得税の確定申告や市県民税の申告において、国外居住親族に係る扶養控除・配偶者控除・配偶者特別控除・障害者控除(16歳未満の扶養親族含む)の適用を受ける者は、「親族関係書類及び送金関係書類を添付、又は提示をしなければならない」こととされました。
 

国外居住親族の扶養控除等適用に必要な書類

(1)親族関係書類
内容 国外居住親族が納税者の親族であることを証するもの
確認事項 次の1~4のすべて
 1 納税者と国外居住親族の親族関係
 2 国外居住親族の氏名
 3 国外居住親族の生年月日
 4 国外居住親族の住所
書類 外国政府等が発行した以下のいずれか
・戸籍の附票の写しその他の国又は地方公共団体が発行した書類及びパスポート
・戸籍謄本
・出生証明書
・婚姻証明書等
注意点 一つの書類だけで必要事項のすべてが証明できない場合は、複数の書類を組み合わせることによって証明する必要があります。
 
(2)送金関係書類
内容 国外居住親族への支払いを明らかにするもの
書類 次の二点のいずれか
・外国送金書の控等
(金融機関が行う為替取引により納税者から国外居住親族への支払いをしたことを明らかにする書類)
・クレジットカード利用明細書等
(国外居住親族がクレジットカードを提示して商品を購入したことにより、その商品購入代金に相当する額を納税者から受領したことを明らかにする書類)
注意点 ・国外扶養親族が複数いる場合は、各人ごとに書類の提出又は提示が必要です。配偶者と子が国外扶養親族にあたる場合、配偶者に一括で送金するのではなく、配偶者と子それぞれに送金をしてください。
・送金の日付が前年中のものであるものに限ります。
 
(3)翻訳文
内容 外国語の書類を日本語訳したもの
注意点 上記(1)、(2)の書類が外国語の場合、提出が必要になります。


※給与等の年末調整において、国外居住親族(16歳未満の扶養親族含む)に係る上記の(1)、(2)を扶養控除等申告書に添付又は提示している場合は除きます。
 

詳しくは、国税庁ホームページ(国外居住親族に係る扶養控除等の適用について)をご覧ください。
 
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 財政部 市民税課
〒272-8501
千葉県市川市八幡1丁目1番1号
 普通徴収担当 電話:047-712-8660 FAX:047-712-8744
 特別徴収担当 電話:047-712-8664 FAX:047-712-8744
 法人市民税担当 電話:047-712-8665 FAX:047-712-8744