更新日: 2021年12月17日

デジタルトランスフォーメーションの推進

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは

 デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、国の定義によれば、“企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、 顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性 を確立すること” とされています。

 スマートフォンの普及やAI技術などの進展、少子高齢化、SDGsの世界的な潮流など、社会環境が急速に変化する中、行政サービスを維持向上し、市民生活の質を高めていくため、本市においてもDXの取り組みを進めています。

 

市川市DX憲章

 市川市DX憲章とは、本市がDXを推進するにあたり、その目的、基本方針等を明文化したものです。DX憲章では、本市におけるDXを、単にデジタル化を進めるだけの取り組みではなく「業務の無駄を削って価値創造にシフトする改革」と定義づけています。


0000386052


 本市では、このDX憲章のもと、自治体としてDXに積極的に取り組むことにより、経営資源を無駄なく効率よく使い、その資源を有効活用してサービスを飛躍的に高めるなど、顧客目線で新たな価値を創造していきます。


市川市DX憲章(ダウンロード)   PDF(1,139KB)


0000386053

このページに掲載されている
情報の問い合わせ

市川市 企画部 行政経営・DX課

〒272-8501
千葉県市川市八幡1丁目1番1号

電話
047-712-8592
FAX
047-712-8769