ホーム > 文化・観光・国際情報 > 文化 > 文化人 > 郭沫若旧宅と須和田公園記念碑

郭沫若旧宅と須和田公園記念碑

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2018年10月26日

郭沫若旧宅(市川市須和田2-3-14)

 郭沫若は、1916年の第六高等学校時代、東京京橋病院看護婦の佐藤をとみ(とみ)と出会い、翌年結婚する。

 1923年九州大学卒業後、上海に帰国するが、蒋介石との対立により、妻の郷里である日本に1928(昭和3)年亡命し、上海当時の知人、作家村松梢風の紹介で市川に居を定めた。

 はじめは、村松の知人横田家の近くに住んでいたが、警視庁に三日間も拘留されて厳しい尋問を受けたこともあって、他に累が及ぶのを恐れて、須和田六所神社わきの小道を入った家に越す(現在の旧宅:昭和3年2月建築)。

 ここで警官や憲兵の絶え間ない監視を受けながら、10年5ケ月間く苦しい亡命生活を送った。その生活の様子は、『海涛』『帰去来』などの自伝に記されている。

 1937(昭和12)年7月25日、日中戦争の勃発を見て、妻と4男1女を残し中国に帰国した。

 昭和31年、妻をとみ(とみ)の渡中により、現所有者に売却。以降、民間人に賃貸されていたが、昭和54年3月から、旧宅の保存を目的として市が借り受けることになった。その間、郭沫若の四男郭志鴻(しこう・音楽家)氏が仮住まいしたこともあったが、老朽化が進んだことなどから、平成11年3月をもって借り受けを解約した。

 平成16年9月、真間に旧宅を移築・復元し、「郭沫若記念館」とする。
郭沫若旧宅
 移築復元前の旧宅。

 写真左側が書斎部分。庭先に泰山木が植えられている。

「別須和田」詩碑(須和田2-34 須和田公園内)

 1955(昭和30)年2月、中国学術文化視察団の団長として、日本学術会議の招きで訪日した際、旧居を久しぶりに訪れた感慨を、格調高く歌いあげた長詩が「別須和田」(須和田に別る)である。

 1964(昭和39)年春、日中友好協会市川支部により詩碑の建立が発起され、郭自身による揮毫も同年7月13日には出来上がり、1967(昭和42)年4月16日、旧宅にほど近い須和田公園内に黒御影石の詩碑が建立された。郭のレリーフは、中山在住の彫刻家大須賀力によるもの。

「別須和田」詩碑
 
 

市川市楽山市友好都市締結15周年記念碑(須和田2-34 須和田公園内)

 1996(平成8)年、市川市楽山市友好都市締結15周年を記念して、市川市長と楽山市長の連名による記念碑が、須和田公園内の「別須和田」詩碑の近くに建立された。

 「市川市と楽山市は世界の平和と国際親善を希求し、友好都市の盟約を結び、今日まで十五年の歩みを進めてきた両市民の新たなる「平和」の願いをここに記す  市川市長 高橋國雄」

 「沫水若水江戸の波涛に連なる 文豪その偉大なる筆を以って中日の山川を描き 牡丹桜ともに園内春色に染め 人民の真心友好の詩歌を奏でる  楽山市長 劉」
市川市楽山市友好都市締結15周年記念碑
 
 
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 文化スポーツ部 文化振興課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目2番5号(いちかわ情報プラザ 2階)
電話:047-300-8020 FAX:047-300-8061