市川の文化人

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年3月7日
市川の文化人
秋山 逸生[木工芸家]
 
五木 寛之[小説家]
 
井上ひさし[小説家・戯作家]
 
大須賀 力[彫刻家]
 
郭沫若[文学者・中国歴史家]
 
梶山 俊夫[絵本作家]
 
岸田 日出刀[建築家]
北原 白秋[歌人・詩人]
   
楠田 匡介[小説家]
 
小島貞二[相撲・演芸評論家]
 
佐治 賢使[漆工芸家]
 
宗 左近[詩人]
 
式場 隆三郎[精神医学者・随筆家]
 
豊嶋 辰二郎[木工芸家]
   
中野 孝次[小説家]
 
中山 忠彦[洋画家]
 
西村 昭二郎[日本画家]
 
林 功[日本画家]
能村 登四郎[俳人]

藤田 喬平[ガラス造形作家]
 

 
能村 研三[俳人]

藤田 潤[ガラス造形作家]   
 
 
林 翔[俳人]

藤野 天光[彫刻家]     
 
 
東山魁夷[日本画家]

星野 道夫[写真家]    
正岡 容[文芸評論家]
 
村上 正治[音楽家]
 
村松 秀太郎[日本画家]
 
名鏡 勝朗[写真家]
水木 洋子[脚本家]
  
 
山本 夏彦[コラムニスト]
 
吉井 勇[歌人]
安岡 章太郎[小説家]
 
和田 芳恵[小説家]
   
吉田 機司[川柳作家]
 
 
 
 
   

市川の文化人展

 私たちの住む市川は、豊かな水と緑の自然環境のもとで、歴史的・文化的な資産が長い年月をかけて育まれてきた文化の薫り高いまちです。そして今でも、著名な芸術家や文化人が在住し、その活動の拠点としています。市では、これらのかたの業績を広く紹介するため、「市川の文化人展」を開催しています。
第17回 「市川の匠展−伝統工芸の世界−」
平成28年3月5日(土)〜3月27日(日)  会場:芳澤ガーデンギャラリー
長年、市内で創作活動を続け、その優れた技術が認められ、千葉県伝統的工芸品に指定された6名の方の技と伝統の美の世界をご紹介します。
第16回 市川市名誉市民記念・第16回市川の文化人展 中山忠彦展
平成27年2月14日(土)〜3月15日(日)  会場:芳澤ガーデンギャラリー
新たに名誉市民として顕彰された洋画家の中山忠彦氏をご紹介します。初期から近年までの画業を語る約20展の代表作品により、中山芸術の真髄に迫ります。
第15回 日本画の改革者 村松秀太郎展
平成26年2月8日(土)〜3月16日(日) 会場:芳澤ガーデンギャラリー
市制施行80周年を記念して、市内在住の日本画家村松秀太郎氏をご紹介します。代表作を含めた大型作品やスケッチ・版画などから独創的で豊かな表現力が感じられます。
第14回 「東西の様式美をジュエリーに 石川暢子回顧展 −その45年の軌跡−」
平成25年2月13日(水)〜3月3日(日) 会場:芳澤ガーデンギャラリー
日本を代表するジュエリーデザイナーとして国内外で活躍され、昨年一月に急逝された石川暢子氏の市川における初回顧展。石川暢子の世界をお楽しみください。
第13回 「第13回市川の文化人展 刻を描き 夢を求めて「福田千惠展」」
平成23年12月23日(金・祝)〜2月5日(日) 会場:芳澤ガーデンギャラリー
年末から新春を飾るにふさわしい華やかな展覧会として、未公開作品も含め、初期から近年までの画業を語る約30点の代表作品により、福田芸術の真髄をご覧ください。
第12回 市川の文化人展 至宝ふたたび
平成23年2月12日(土)〜3月27日(日) 会場:芳澤ガーデンギャラリー
各界の第一人者として活躍された方、そして活躍中の方の作品を一堂に会してご覧いただける特別な文化人展です。
第11回 人間国宝 秋山逸生 木象嵌の美と技
平成22年1月23日〜2月21日(日) 会場:芳澤ガーデンギャラリー
日本の伝統の技である木象嵌を極めた市川市名誉市民で、人間国宝の秋山逸生氏をご紹介します。
第10回 佐治賢使の世界展
平成20年11月22日〜12月21日(日) 会場:芳澤ガーデンギャラリー
漆工芸の第一人者として知られる市川市名誉市民で、文化勲章受章者の佐治賢使氏をご紹介します。
第9回 「星野道夫展」
出身地市川で開催する回顧展。写真やエッセイなど作品とともにゆかりの品々から星野道夫の魅力に迫ります。
第8回 井上ひさし展
平成18年度は、市川市で20年間を過ごし、創作活動を行った、作家井上ひさしを紹介しました。
第7回 白寿記念展 彫刻家 大須賀 力
平成17年度は、名誉市民であり、白寿(99歳)をむかえて今なお意欲的に創作活動を続けられている彫刻家 大須賀 力氏をご紹介しました。
第6回 相撲と演芸 小島貞二の世界
平成16年度は、相撲、演芸評論家、放送作家として活躍された小島貞二さんを紹介しました。
第5回 永井荷風〜荷風が生きた市川〜
平成15年度は、八幡を終焉の地とした作家永井荷風を採り上げました。
第4回 地域文化に光を灯した二人
平成14年度は、彫刻家藤野天光氏と音楽家村上正治氏を取り上げました。
第3回 中山忠彦・美の世界展
平成13年度は、国府台在住の洋画家中山忠彦氏を取り上げしました。
第2回 藤田喬平の世界展
平成12年度は、市川の北方にお住まいの日本芸術院会員で市川の名誉市民であるガラス造形作家藤田喬平氏でした。
第1回 「宗左近宇宙」
第1回目の平成11年度は、市川南に在住の詩人で、縄文文化に造詣の深い宗左近氏でした。同氏の収集した東洋美術コレクションの紹介や講演会、中新田縄文太鼓の演奏会を行いました。
この「市川の文化人展」は、市川市と“市民サポーターの会”が一体となって企画・運営をすすめました。有志の集まりであるこの市民サポーターの会は、芸術文化団体や企業個人などで構成され、資金の援助、労力の提供、宣伝、記念品の提供、それぞれが、できる範囲で協力していただきました。この文化人展を通じて、市民と行政が信頼の絆で結ばれたことを実感できました。

関連リンク

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 文化スポーツ部 文化振興課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目2番5号(いちかわ情報プラザ 2階)
電話:047-300-8020 FAX:047-300-8061
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで