ホーム > 市政情報 > 市政の運営 > 教育委員会 > 文化財(県指定)−梵鐘[元亨元年在銘]

文化財(県指定)−梵鐘[元亨元年在銘]

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年2月21日

梵鐘[元亨元年在銘] (ぼんしょう げんこうがんねんざいめい)

 寛政5年(1793)1月19日、葛飾八幡宮社殿西側にあったケヤキの枯木が大風で倒れ、その根元から掘り出されたのがこの梵鐘です。総高117.2センチメートル、口径66.7センチメートルで、池の間(いけのま、銘文を記す空地)の上下にある型継の跡から、3段組で鋳上げ、さらに笠型を継いで作られたことが分かります。乳は4段5列、上帯、下帯はどちらも模様のない素文です。龍頭(りゅうず、梁に吊るすための梵鐘の頭部を龍の頭の形にした部分)の向きと平行に2つの撞座(つきざ、鐘を撞くところ)があり、8葉単弁の蓮の花が意匠されています。そして池の間第1区と第2区には次のような陰刻銘があります。
元亨元年の銘がある
梵鐘
元亨元年の銘がある梵鐘
  • 〔第2区〕
    元亨元年辛十二月十七日

    願主右衛門尉丸子真吉
    別當法印智圓
  • 〔第1区〕

    奉冶鋳銅鐘
    大日本東州下総第一鎮守
    葛飾八幡是大菩薩傳聞寛平
    宇多天皇勅願社壇建久以来
    右大将軍崇敬殊勝天長地久
    前横巨海後連遠村魚虫性動
    鳬鐘暁聲人獣眠覺金啓夜響
    求除煩悩能證菩提
 
 中ほどの「前横巨海後連遠村」により、八幡宮が海を前にして建っていた当時の状況が分かります。元亨元年は西暦1321年にあたり、梵鐘鋳造の年です。また、笠の部分にはタガネでひっかいたような細字で、「応永二十八年三月廿一日」の銘がありますが、これについては諸説があって、何を示すのか明らかではありません。

 
メモ
梵鐘(ぼんしょう)

龍頭の方向と撞座の位置が直角になっているものが古い形ですが、この梵鐘は他の特徴からみても、鎌倉時代の様式を示す新しい形式です。

 
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 考古博物館/考古博物館文化財グループ
〒272-0837
千葉県市川市堀之内2丁目26番1号(考古博物館)
千葉県市川市堀之内2丁目27番1号 歴史博物館1階(文化財グループ)
電話:047-373-2202(考古博物館) 047-701-8399(文化財グループ)
FAX:047-372-5770(文化財グループ)
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで