ホーム > 市政情報 > 市政の運営 > 教育委員会 > 教育長室からのお知らせ No.42(平成31年1月)

教育長室からのお知らせ No.42(平成31年1月)

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2019年1月25日
 2019(平成31)年、新しい年がスタートしました。「平成」で迎える最後の年明け、そして新たな時代の幕開けとなりました。
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 2019年の干支は、いのしし。「己亥(つちのとい・きがい)」となるそうです。この年には、次の始まりに向けて新たなエネルギーを蓄えるという意味があるそうです。次のステージやステップに向けて準備していく時期ということでしょう。

 これまでにもお知らせしてまいりましたが、1月10日に行われました定例教育委員会において、市川市教育振興審議会での5回にわたる審議と12月末の答申を受け、第3期市川市教育振興基本計画を策定いたしました。これに先立ち、市長が新たな市川市教育振興大綱を策定したところです。大綱と第3期基本計画は、いずれも平成31年度が対象期間の初年度となります。小・中学校では、学習指導要領の完全実施を控え、より高みを目指していくための大きな一歩を踏みだす年だと思います。まさに本市の教育は、新たな時代に向けて始動するときを迎えています。
 第3期基本計画は、いかに社会が変化しようとも、夢や希望を持ち、個性を伸ばし可能性を広げて、自らの人生を切り拓いていくことのできる子どもの育成を目指します。
 そのためには、あたたかい人と人との関わりの中で、豊かな人間性を育み、人間ならではの知恵や感性によって創造性を発揮していくことが最も重要だと考えています。
 学校においては、すべての子どもにあたたかい眼差しと心で接し、そしてさまざまな支援が必要な子どもにはさらに手厚く、一人一人の教育的ニーズに応えていくことに全力で取り組んでまいります。
 教育委員会においては、これからの市川教育の目指す姿や第3期基本計画による教育政策等を家庭・学校・地域の皆様と共有できるよう取り組んでいきたいと思います。皆様には、2月中旬以降に市川市ホームページにおいて、公表させていただく予定となっております。

 本市の教育は、人と人とのつながりをこれまでもそして、これからも大切にいたします。「人をつなぐ 未来へつなぐ 市川の教育」を基本理念とし、市川教育でつくりあげてきた家庭・学校・地域の連携・協働をさらに継続・発展させ、「つなぐ教育」を進めてまいりたいと思います。

 「なんと言っても、人が人に与える最高のものは心である。他者のための『思い』と『行動』に費やした時間、人とともにどれだけの時間を分けあったかによって、真の人間としての証がなされる。」高名な医師であった日野原重明さんの言葉です。年頭にあたり、このような“人と人とのつながり”を大切にする時間を積み重ねていきたいと改めて思っています。
 
 保護者・地域の皆さまには、今後とも、ご理解とご支援をたまわりますようよろしくお願い申し上げます。
 
                                                       教育長  田中 庸惠
 
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 教育総務課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡1丁目17番15号 南八幡仮設庁舎2階
電話:047-383-9224 FAX:047-383-9203