ホーム > 市政情報 > 市政の運営 > 情報公開制度・個人情報保護制度 > 特定歴史公文書等利用制度のご案内

特定歴史公文書等利用制度のご案内

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2020年7月1日

「特定歴史公文書等利用制度」とは?

  本市の諸活動を、現在のみならず将来の市民に対しても説明する責任を果たし、市民の知る権利を保障する制度です。

制度を利用できる方は?

市民に限らず、誰でも利用できます。

請求できる文書は?

  利用請求の対象となるのは「特定歴史公文書等」です。
  公文書公開制度において公開請求の対象となるのは「公文書(業務上使用しているもの)」であるのに対し、
本制度において利用請求の対象となるのは「歴史資料として重要な公文書のうち、業務における本来的な使用が
終了し、保存期間30年が満了した文書」などです。
  総務課の窓口において、特定歴史公文書等の件名などを記載した「目録」を備えておりますので、そちらから
利用したい文書を選択していただけます。

 ●『公文書の公開請求について』はこちら

利用請求はどのようにすればよいですか?

  利用請求の方法は、次の2点となります。

1 窓口(仮本庁舎4階総務課)で直接、利用請求する方法
2 郵便で利用請求する方法

〇利用請求書はこちら → Word(23KB)PDF(203KB)
〇送付先
 〒272-8501
  市川市南八幡2丁目20番2号
  総務課 文書グループ 宛

 ※ 郵送による請求をご希望の場合は、事前に総務課文書グループまで
    お問い合わせいただければ、請求方法等についてご案内させていただきます。
 ※ 郵送料は、請求する方にご負担いただきます。
 ※ 電子メールやFAX、電話(口頭)による請求はできません。

どのように利用できますか?

  請求していただいた文書の全部又は一部の利用決定通知を受けた場合は、総務課において閲覧していただけます。
  なお、写しの交付をご希望の場合は、写しの作成に要する費用(実費)が必要となります。
 〇白黒A3サイズまでの写し1枚(片面)につき10円
 〇カラーA3サイズまでの写し1枚(片面)につき20円
※CD−Rなど紙以外の媒体による写しの交付をご希望の場合で、CD−Rなどを持参していただいた場合は、
  上記費用はかかりません。
※郵送により写しの交付をご希望の場合は、郵送料も別途ご負担いただきます。

利用等決定に不服があるときは?

  請求された特定歴史公文書等が利用できないときは、その理由等を決定通知書によりお知らせしますが、
その決定に不服があるときは、行政不服審査法に基づき3か月以内に審査請求をすることができます。
  この場合、学識経験者で構成する「市川市公文書公開審査会」において審査を行い、その審査結果を尊重
して、審査請求に対する裁決を行います。

→ 行政不服審査制度のページはこちら

→ 市川市公文書公開審査会のページはこちら

関連リンク

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 総務部 総務課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
総務グループ 電話:047-712-8643 FAX:047-332-7364
文書グループ 電話:047-712-8645 FAX:047-332-7364