広尾防災公園

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年6月1日

1.目的

広尾地区周辺は、住民一人当たりの都市公園の面積が少ないうえに避難場所の面積も不足しているため、防災拠点・一時避難場所の機能を有する都市公園を整備しました。
広尾防災公園周辺の航空写真
 

2.概要

○所在地   市川市広尾2丁目3番2号
○面積     約3.7ha
○公園種別 地区公園
○整備方針 平常時は、地域住民の憩いやレクリエーションの場として親しまれる公園として、また災害時には、 一時避難場所としての機能の他、初期救援や緊急輸送等の中継拠点としての機能を担う公園として整備します。
○開園日   平成22年4月1日
広尾防災公園の平面図

3.各施設の紹介

・避難圏域
 地区公園の誘致距離(概ね半径1キロメートル)及び隣接する一時避難場所(南行徳小学校)の配置状況を考慮し、相之川1・2丁目、新井1〜3丁目、島尻、広尾1・2丁目を避難圏域として設定し、新井小学校とともに一時避難場所としての機能を担います。避難想定人口は約13,000人です。
・出入口
 災害時にどこからでも公園内に避難できるように出入口を多数設けます。外周の園路は歩道のような形態に整備し、平常時から公園へ入りやすくするとともに地域の安全な歩行空間にも寄与します。
・防火樹林帯
 公園外周の火災が発生した際に、避難者の安全性の向上を図るために設けます。また、樹木は四季折々の変化に富んだ樹種を配置します。
・花の広場
 花に囲まれながらベンチなどでくつろぐことができる小広場です。
・いこいの広場
 樹木に囲まれた芝生広場です。広々とした眺めと木陰を楽しみながら、くつろぐことができます。一角にはデイキャンプを楽しめるスペースも設けます。
 デイキャンプを御利用の際は、事前に申請書の提出が必要です
・つどいの広場

 平常時はイベントや遊びのスペースとして、災害時は緊急輸送物資の集積場所となる広場です。
・あそびの広場
 遊具が点在する広場です。遊具は近隣のアンケート調査を行い決めました。
・水に親しむ広場
 川や海など水辺に恵まれた行徳にとって本公園のシンボルとなる広場です。子供たちの水遊び場、水を眺めながら憩いを感じる場とします。
・健康の広場
 多世代の人が、多様な軽スポーツを楽しめる広場です。
 ※毎週土曜日は団体利用が出来ます(事前に団体登録と申請書等の提出が必要です)
・休憩広場

 旧江戸川沿いの遊歩道を散歩する際に立ち寄り、休憩ができる広場です。将来、千葉県で緊急用船着場が整備された場合には、物資の搬入、荷さばきスペースとして使えるようにします。
・管理棟(管理事務所・備蓄倉庫等)
 管理事務所・備蓄倉庫をまとめることで、災害時における一体的な利用ができるようにします。管理事務所は、一時的な休憩スペースや公園管理ボランティアの活動拠点となるスペースがあります。
・駐車場
 公園利用者の利便性を図るため、駐車台数41台の駐車場があります。利用料金は30分までごとに100円ですが、公園利用者は最初の90分は無料です。利用時間は8時45分から17時15分までとなっています。
 なお、平成26年7月1日より、出庫する際は、直接、駐車券を出口の自動精算機にいれていただき、精算をしていただきますよう、よろしくお願いいたします。
・物資集積所
 つどいの広場と駐車場は、災害時には物資集積所として使えるようにします。大型車両の物資運搬路となる車回し、物資の積み下ろし場となるステージパーゴラを配置しています。
・避難広場
 災害発生直後は、いこいの広場、健康の広場、遊びの広場等広場の大部分は避難広場として機能します。
・緊急用ヘリポート
 健康の広場は、大地震等の災害発生直後は避難広場として利用され、2〜3日で余震がおさまった場合、救急医療や救援物資の輸送などのための緊急用ヘリポートとしても用います。また、日常においてもドクターヘリの離発着場としても利用されます。
耐震性飲料用貯水槽(地下埋設)
 上水道に直結方式の貯水槽です。大地震の振動を受けると貯水槽両側の弁が自動的に遮断され、避難者の3日分(約120立方メートル)の飲料水を確保します。
・防火水槽(地下埋設)
 公園及び周辺の家屋等の火災に備え、防火水槽を3箇所設置しています。
雨水貯留槽(地下埋設)
 公園内に降った雨水の流出抑制対策として、雨水を一時貯留する水槽を3箇所に設けています。
非常用トイレ(地下埋設)
 常設の便所の他、便槽を地中に埋設し、非常時に便所として利用できる非常用便所を設けています。
 災害時等に停電した際、広尾防災公園が一時避難場所として最低限必要となる電力を確保します。

4.経緯

年月

主な事項

平成15年 7月   (株)石原製鋼所が自主廃業を表明
平成16年10月   市議会の議決を経て、都市公園法に基づき、都市公園区域を決定・公告
平成17年 5月   周辺自治会等の参画を得て、広尾防災公園整備計画策定懇談会を設置
平成17年8月   既存建築物の解体工事
平成17年10月   懇談会による「基本計画図(素案)」の公表及びパブリックコメント募集
平成18年 6月   配置計画の見直しに伴い、都市公園区域を変更・公告
平成19年 2月   都市計画法に基づく都市計画決定・告示
平成19年 3月   都市計画事業認可
平成19年度   実施設計(土木及び建築)
土壌汚染対策工事、雨水貯留槽等整備工事、飲料用貯水槽整備工事
平成20年度   基盤整備工事(造成等)、施設整備工事(給排水、電気) の整備
平成21年度  

公園(植栽、遊具、園路など)、建築(管理棟、屋外便所) の整備
管理・運営に関する検討(住民検討会)

 

資料

広尾防災公園の案内図

関連リンク

Get Adobe Reader このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 水と緑の部 公園緑地課 (施設管理・整備グループ)
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号
電話:047-712-6367 FAX:047-712-6365
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで