ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > その他健康・医療・福祉情報 > 公共施設には、AED(自動体外式除細動器)が設置してあります

公共施設には、AED(自動体外式除細動器)が設置してあります

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年8月23日

AED(自動体外式除細動器)とは

   AED(自動体外式除細動器)は、心室細動(心臓の心室が小刻みに震え、全身に血液を送ることが出来なくなる状態)に対し、心臓に電気ショックを与えて、心臓のリズムを正常化させるのに有効な医療機器です。
 
AEDの写真
 
 

一般の方でも使用できます

   心臓が突然停止してしまった人を救うためには、救急車が来るまでの数分間の救命処置がとても重要です。
   AEDは、医療の資格を持たない一般の方でも、使用することが出来ます。
 
 

心肺停止の疑いのある人を発見したら

   倒れている人に意識がないときは、周囲の人々と協力しながら、次の行動をとることが大切です。
     (1)119番へ通報をし、AEDを用意します。
     (2)呼吸の確認を行います。
     (3)必要なら、心肺蘇生法(胸骨圧迫・気道確保・人工呼吸)を行います。
     (4)AEDを使用し、除細動を行います。
     (5)必要なら、心肺蘇生法(胸骨圧迫・人工呼吸)を再開します。
 
 
 

もしもの時のための救命講習

   AEDの操作方法はそれほど難しくはありませんが、自信をもって対応できるように、救命講習を受けておくことが大切です。
   市川市消防局では、定期的に救命講習会を定期的に開催していますので、是非ご参加ください。
 
     詳しいことは  消防局 救急課  にお問い合わせください。
 
     電話番号   047-333-2169

AEDを設置している公共施設

   市川市では、不特定多数の方が多く集まる公共施設や学校など203施設に、AEDを207台設置しています。
 
 


※ 市川市の公共施設以外のAED設置情報は、以下の関連リンクをご参照ください。

関連リンク

市川市公共施設内の設置場所

AEDマーク
   学校等では、主に職員室や保健室や事務室などの前の廊下に設置してあります。
 
   その他の公共施設は、入口付近や事務室など、AEDを取り出しやすい場所に設置してあります。
 
   また、AEDを設置している施設には、AEDマークが表示してあります。
 
   施設を利用するときなどは、事前に設置場所を確認してください。
 
 
※ AEDは建物内に設置しています。施設が開所していない場合には使用できないことがあります。
 
 

関連リンク

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 保健部 保健医療課
〒272-0026
千葉県市川市東大和田1丁目2番10号
地域医療・公衆衛生担当 電話:047-712-8641 FAX:047-712-8740
健康都市・健康づくり担当 電話:047-712-8642  FAX:047-712-8740
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで