市川市の自殺対策

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年12月15日

我が国の自殺者数は、平成10年以降、急増し、3万人を超える状態が続いていたことを受け、
平成18年に自殺対策基本法が制定されました。
平成22年以降、7年連続で減少を続けており、平成28年は2万1,897人(警察庁「自殺統計」)
と5年連続で3万人を下回っています。

本市においては、変動はあるものの、ここ数年80人から100人の間で推移しています。
本市では、市全体で対策に取り組むため平成23年3月に「市川市自殺対策計画」を、
平成26年3月に「市川市自殺対策計画後期実施計画」を策定し、様々な取り組みを推進しています。
四つ葉の画像

 
 

市川市自殺対策計画の策定

「自殺対策基本法」の制定により、国や地域における自殺対策の強化が図られています。
本市では、平成26年3月に「市川市自殺対策計画後期実施計画」を策定しました。

→ 市川市自殺対策計画について

市川市自殺対策計画では、以下の5つの基本施策を掲げ、様々な取り組みを実施しています。

■ 市川市における自殺等の実態把握

■ 普及啓発

■ よりよく生きるための支援

■  相談支援の充実

■ 自死遺族等への支援

市川市における自殺等の実態把握

市民の意識調査

 市民の自殺に対する意識や効果的な自殺対策を把握するため、平成22年1月にe-モニター制度会員登録者を対象に自殺対策に関するアンケートを実施しました。

また、市民のこころの健康と、自殺に関する意識等について調査を行うため、平成22年6月、平成25年7月、平成27年7月に「こころの健康と自殺対策に関するアンケート」を実施しました。
 

自殺対策に関する各種統計の分析

厚生労働省による「人口動態統計」や、警察庁による「自殺統計」等をもとに、本市の自殺に関する統計データを分析し、自殺対策の課題を検討しています。

普及啓発

こころの健康市民講座

こころの健康や自殺に関する正しい知識を知っていただくために、平成22年度から講演会を実施しております。
こころの健康市民講座の詳細はこちらをご覧下さい。


 

市川市民のテレホンガイド・若者のためのテレホンガイド

市川市にお住まいの方が相談できる窓口をご紹介するパンフレットを作成し、配布しております。
市川市民のテレホンガイドのPDFダウンロードはこちらをご覧ください。
 
市川市民のテレホンガイド
若者のための相談ガイドを平成27年度に作成し、平成28年度より随時配布をしております。
40歳未満の若年層のうち、特に10代の若い人たちに焦点をあて、作成いたしました。
若者のための相談ガイドのPDFダウンロードはこちらをご覧ください。



 
若者のための相談ガイド

中央図書館における関連図書の展示

国では、毎年、9月10日から16日までの一週間を自殺予防週間として設定しています。
市川市では、自殺予防週間にあわせて、中央図書館と連携し、9月の特集として、自殺対策に関する図書の展示を実施しています。
29年度 中央図書館での展示
29年度 中央図書館での展示

懸垂幕の設置

国では、 例年、月別自殺者数の最も多い3月を「自殺対策強化月間」と設定しています。
本市では、9月の自殺予防週間と3月の自殺対策強化月間にあわせ、積極的に相談機関を利用するという意識の定着をはかるために、
懸垂幕の設置をしています。
スローガンは、 「困ったときは ひとりで悩まず 相談しよう」です。
 

睡眠に関する講座

こころの健康に関わる「睡眠」について 、医師などがお伝えする「快適睡眠講座」を平成26年度より実施しています。
男性が寝ている画像

メンタルヘルスチェックシステム「こころの体温計」

ここ最近、こころの疲れを感じませんか。
本市では、簡単な質問に答えると、猫や金魚などのキャラクターがこころの健康状態を教えてくれる、
「こころの体温計」を導入しています。携帯やスマートフォン、パソコンで気軽に利用できます。
「こころの体温計」の詳細はこちらをご覧ください。

こころの体温計のイメージ画像

よりよく生きるための支援

こころと身体の健康づくり

より身近な地域に出向いての健康教育や地区民生委員児童委員協議会などの場で、こころの健康や自殺に関する正しい知識を普及するなど活動しています。 
 
 
 

相談支援の充実

ゲートキーパー(地域や職場で見守りを果たす人材)の養成

ゲートキーパーとは、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聴いて、必要な支援につなげ、見守る人のことを指します。
そのような役割を担う人たちを養成するために、様々な方々を対象にゲートキーパー養成研修を実施しています。
ゲートキーパー養成研修の詳細はこちらをご覧ください。
 
悩んでいる人にまずは声をかけてみましょう
悩んでいる人に声をかけよう

うつの早期発見・支援(うつの心配相談)

うつ病は誰でも無理を重ねた場合にかかる可能性があります。
うつ病について詳しくはこちらをご覧ください。

また、市川市では予約制の面接相談であるうつの心配相談を実施しております。
うつの心配がある方、その家族の方を対象に、精神保健福祉士と社会福祉士、保健師がご相談に対応しています。
うつの心配相談の詳細はこちらをご覧下さい。

医療機関等関係機関との連携

市民からの相談に対し、関係機関で連絡・調整・協力することで、サービスを提供していけるよう、
関係機関及び庁内関係部署との会議を実施しています。

   
 平成29年度市川市自殺対策関係機関連絡会および市川市自殺対策推進担当者連絡会を合同開催します。
   名称:市川市自殺対策関係機関連絡会
       市川市自殺対策推進担当者連絡会
   根拠法令:市川市自殺対策関係機関連絡会推進担当者設置要綱
        委員:平成29年度市川市自殺対策関係機関連絡会委員名簿
   会議開催のお知らせ 
     

自死遺族等への支援

自死遺族相談

大切な人を亡くされた方を支援するために、自死遺族相談を実施しています。
自死遺族相談の詳細はこちらをご覧ください。

知ってほしい自殺のこと

自殺は、個人の自由な意思や選択の結果と思われがちですが、「健康問題」や「経済・生活問題」、
「家庭問題」など様々な問題が複雑化し、生きることが難しくなった状況です。
自殺対策基本法に基づき、平成19年6月に策定され、平成24年8月に全体的な見直しが
された自殺総合対策大綱には、「その多くが追い込まれた末の死」、「自殺はその多くが防ぐことが
できる社会的な問題」などと明記されています。
 
知って欲しい自殺のことの詳細はこちらをご覧ください。

 

関連リンク

■メンタルヘルスに関する相談
 
  専門の相談機関や医療機関の案内、悩みを乗り越えた方の体験談、
    心の病や過労死に関する基礎知識、心の健康度や疲労の蓄積度を
    診断するセルフチェックリストなど。
 
 
 こころの不調・病気に関する情報をまとめた総合情報サイトです。
 病気や症状の説明、医療機関、相談窓口、各種支援サービスについての
 紹介など、治療や生活に役立つ情報を分かりやすく紹介しています。
 
 
  10代、20代の方向けのメンタルヘルス情報サイトです。
  ゆううつな気分、やる気がなくなる、不安な思いなど、こころのSOSサインに
  気づいたときにどうすればいいかなど役立つ情報を分かりやすく紹介しています。
 
 
■いのちに関する相談
 
 いきる・ささえる相談窓口 (都道府県・指定都市別の相談窓口一覧)
  さまざまな問題で悩んでいる方や、その方を心配しているご家族や友人のための
  都道府県別の相談窓口一覧です。
 
 
■法律に関する相談
 
 法的トラブル解決のための総合案内所となります。
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 保健部 保健センター 健康支援課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目18番8号
電話:047-377-4511 FAX:047-316-1568
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで