ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > 健康維持と増進 > その他の関連情報 > 適塩でおいしい、ヘルシーレシピの紹介

適塩でおいしい、ヘルシーレシピの紹介

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2019年8月19日
 塩分をとりすぎると、血圧が上昇し、高血圧や脳卒中などの生活習慣病につながります。
 食塩摂取の目標量は、1日あたり、男性8g未満・女性7g未満です。※1
 8つの適塩ポイントと、野菜たっぷり適塩レシピを紹介します。※2
※1 日本人の食事摂取基準(2015年版)より
※2 野菜に含まれるカリウムは、ナトリウム(塩分)を体の外に出す役割があります。



 

適塩のポイントを紹介します。

適塩のポイント 1つけものは控えめにしましょう 2めん類の汁は残すようにしましょう 3素材本来の風味を生かしましょう 4汁ものは具だくさんにしましょう 5しょうゆ、ソースなどは、かけるのではなく、つけて食べましょう 6加工品・インスタント食品は控えめにしましょう 7レモン、酢や香辛料を上手に利用しましょう 8いろいろな味付けで上手に適塩しましょう

適塩ヘルシーレシピを紹介します。


 

毎月19日は食育の日
毎月19日の食育の日に、新しい適塩ヘルシーレシピをご紹介しています。ぜひ、ご家庭で作って、おいしく健康に適塩生活をはじめましょう。
食育の日取り組みは こちら



 鶏肉のオイマヨ焼き  オイスターソースのコクとマヨネーズの酸味が決め手です


 過去に紹介した献立もぜひご覧ください。

主菜 肉、魚のおかず

画像をクリックしてください
ゆで豚の南蛮漬け  キャベツと鶏肉のチーズ蒸し  鶏もも肉のレモンロースト

鮭のワイン蒸し     ゴロゴロ野菜の和風シチュー  豆腐とひき肉の磯辺ロール

ピリ辛鶏じゃが        鶏肉の黒酢トマト煮    かぼちゃの豚肉巻き

豚肉の香味だれ    11月豚肉とさつまいもの甘辛煮    ささみのワイン蒸し   

豚肉とゴーヤの黒酢炒め  ひき肉と豆のヘルシーカレー    ごぼうと鶏肉のローズマリーソテー  

かじきの揚げない南蛮漬け  さっぱりビーフトマト添え    なすと豚のみそ炒め

ヘルシーカラフル酢豚  魚のなたね焼き  豆苗と鶏肉の豆板醤炒め

鶏肉のオリエンタルソテー    豚肉のプルコギ風    タンドリーチキン

豚肉のトマトチーズ焼き       さつまいもと鶏肉の炒り煮       簡単クリームシチュー

副菜 野菜メインのおかず

画像をクリックしてください
エリンギの白和え     かぼちゃとほうれん草のピーナッツ和え  チーズ白和え

アーモンドきんぴら    切り干し大根のごま辛子和え    かぶとあんずの甘酢和え 

オニオンサラダ       豆腐の中華風サラダ      かぶのピリッとサラダ 

ささみとほうれん草のナムル    冬瓜のオクラあんかけ      焼きエリンギの唐辛子あえ  

なすのオイスターソース炒め    なますのピーナツあえ       ポテトのミルク煮 

ちくわのワサマヨあえ  えびとブロッコリーの黒こしょう炒め      ほうれん草の磯あえ 

小松菜とイカの煮物    たこと水菜のサラダ   トマトとオレンジのマリネ
 
長ねぎと豚ひき肉炒め    りんごきんとん   ゴーヤと塩昆布の和えもの

豚肉と大根の炒めもの    おかひじきのシャキシャキナムル   ゴーヤのおやき

ほうれん草とレンコンの和風和え    きざみ昆布ともやしのサラダ    新じゃがと桜えびの香り和え

汁物 みそ汁やスープなど

画像をクリックしてください
 えびとレタスのスープ    ゴーヤのビシソワーズ風   トマトとオクラのスープ

きのこのみそ汁  しめじとわかめのスープ  きのこのすまし汁

  かぼちゃの豆乳みそ汁    オニオンスープ   具だくさん牛乳みそ汁

 干しえびとキャベツのスープ  さつまいも汁    トスカーナ風ミネストローネ

 青菜ときのこのあんかけスープ   焼き野菜のみそ汁   かぼちゃのスープ
 
 青梗菜としめじのかきたまスープ   トマトと卵のスープ

主食 ごはんもの

画像をクリックしてください
ごぼうの炊き込みごはん  黒米ごはん  枝豆ごはん

ねぎもち  かぼちゃとごまの炊き込みごはん  さつまいもと舞茸の炊き込みごはん

 きのこの混ぜごはん    じゃこごはん     長ねぎとさくらえびのごはん

 小松菜ごはん    ツナの混ぜご飯   きのことごぼうのピラフ風

 ホンビノス貝の炊き込みご飯小  

デザート

画像をクリックしてください
モコモコホイップゼリー
  ヨーグルトのムース風  豆乳ゼリー

ブラウンシュガーゼリー   米粉入りブラマンジェ    すりおろしりんごの寒天寄せ

ゼラチンで作るブラマンジェ   トマトゼリー

毎月19日は食育の日!

「食育」とは、健全な食生活を実践できる力を育むことです。
できることから「食育」をはじめましょう。

食育の取り組みアイデア 朝食を毎日食べる 食事の準備や片付けをする 好き嫌いしないで食べる 季節の伝統的な行事食を作って食べる 家族や友人と一緒に食事をする 食事のあいさつをする

関連リンク

・気分のりのり!病気なしなし!いちかわの食育 市川市の食育の取り組みを紹介しています。
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 保健部 保健センター 健康支援課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目18番8号
電話:047-377-4511 FAX:047-316-1568