ホーム > 市川市動植物園飼育日誌(2020年 7月)


市川市動植物園飼育日誌(2020年 7月)

印刷する
更新日: 2020年7月30日

シロテテナガザルのラーチャがお引越しします

 シロテテナガザルのラーチャ(メス推定19歳)が、札幌市円山動物園に移動することになりましたのでお知らせします。時期は9月中旬を予定しています。また、ラーチャの移動に伴い当園には札幌市円山動物園よりアイ(メス10歳)が来園します。アイちゃんと当園で飼育しているコテツ(オス15歳)は兄妹の関係にあるため、アイちゃんには避妊の処置をした上でコテツと同居することになります。
 今回の移動は、当園での繁殖がうまくいかなかったラーチャの血統が国内的にも貴重であることから、血統管理を行う日本動物園水族館協会による繁殖計画に基づいて計画されたものです。
 円山動物園でのラーチャの相手はコタロー(オス15歳)です。ラーチャが一日も早く新しい環境に慣れ、コタローくんとの間で無事繁殖が成功することを願っています。

 移動日の詳細が決まりましたら改めてお知らせいたします。
 
ラーチャの画像

イーバン君のシャワータイム!

暑かったので、オランウータンのイーバン(オス)のシャワータイムをしました。
浴びているのは水ではなく、ぬるめのお湯です。
涼しくしてあげられて、全身をおおっている長~い毛のベタベタ汚れも落とせて、なおかつ楽しんでもらえて(…多分)、と一石三鳥のシャワータイムです。
そう書くとイーバンのためだけにやっているみたいですが、実は飼育係がいちばん楽しんでいます。
 
前からはシャワー、後ろからは毛づくろい。
オランウータンの画像1
イーバンはこんな顔をしていました。
オランウータンの画像2

てんてん が朝いちばんですること

ポニーはよっぽどの大雨でないかぎり、パドックという放飼場につれていきます。

てんてん が最初になにをするかというと砂の上で転がります。

砂浴びのつもりでしょうか。

でも背中に砂がたっぷりとついているので夕方収容するときに念入りにブラッシングが

必要です。時々水で丸洗いとかも必要となります。
転がっているウマの画像1
転がっているウマの画像2
まあすごく楽しそうな顔をしている気がします
転がっているウマの画像3
放飼場のポニー(二頭)の画像

ソーシャルディスタンス・・?

皆さんは「ソーシャルデスタンス」を守って行動していますか?
私たちは意識的に人と人との間隔を開けていますが、サル山のサルたちも、しっかりと「ソーシャルディスタンス」を守って、毎日元気に暮らしています。
今後も「ソーシャルディスタンス」を守って、頑張っていきましょう!
こっちでも
サル山のサルの画像1
こっちでも
サル山のサルの画像2
偶然ですがソーシャルディスタンスみたいですね!
サル山のサルの画像3

過去の飼育日誌から