ホーム > 暮らし > 防災 > 安全避難 > 市川市 地区別減災マップ

市川市 地区別減災マップ

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2020年10月29日

この1枚が「減災」の手助けに

いつ、どこで発生するか分からない地震。私たちに、その発生を防ぐことはできません。しかし、日ごろからの備えによって地震による被害を減らすことは十分に可能です。この「減災」の考えに基づき、市では「減災マップ」を作成しています。

 「減災マップ」は、避難場所や避難所の位置を示した地図を基本としています。そこに、家庭での点検に役立つように非常持ち出し品や備蓄品などのチェックリストを載せ、伝言ダイヤルなどの情報・連絡手段も紹介しています。
 
 また、市が独自に被害想定を行い地図に表した、地震ハザードマップを大きく掲載。「立っていることが困難」または「立っていることができず、はわないと動くことができない」震度6弱以上の揺れが予想されています。そこで、地域の震度を色別で示す他、地盤の液状化や建物被害の想定も掲載しています。

 市を4つの地区に分けた「地区別減災マップ」を作成し、地区ごとの特徴が掲載された他、より詳細で見やすい地図としました。
 災害への備えは被害をイメージするところから始まるといわれます。一人ひとりの備えが減災の大きな力となることは言うまでもありませんが、家庭での話し合いや地域での連携も大切です。災害が起こった際に余裕を持って行動できるよう、この地区別減災マップを役立ててください。

減災マップの写真


地区別減災マップ配布場所
 
消防局 地域防災課
市川南仮設庁舎 建築指導課
市川駅行政サービスセンター  
大柏出張所  
行徳支所 市民課・総務課
南行徳市民センター  
各公民館 など
 


地区別減災マップの内容はこちらからもご覧いただけます。

 表面(地震被害想定、非常持ち出し品・備蓄品チェックリストなど)
北西部 北東部
中部 南部

 裏面(避難場所・避難所等の位置を示した地図)
北西部 北東部
中部 南部

※掲載されている地区別減災マップは,令和元年8月発行のものです。
※スマートフォンの方は「市川市防災アプリ」も併せてご利用ください。


 地区別減災マップの区分け図及び一覧
     区分け図

         区分け一覧表(PDF)

 

関連リンク

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 危機管理室 地域防災課
〒272-0021
千葉県市川市八幡1丁目8番1号 消防局4階
電話:047-704-0065 FAX:047-336-8046