更新日: 2024年5月29日

感震ブレーカーを設置しよう

感震ブレーカーとは、地震発生時に設定値以上の揺れを感知したとき、ブレーカーやコンセントなどの電気を自動的に止める機器です。

不在時やブレーカーを切って避難する余裕がない場合に、電気機器等による火災を防止する有効な手段です。

詳細はこちらから>感震ブレーカー啓発チラシ(経済産業省)ホームページ(外部リンク)

イラスト:1ページ目 感震ブレーカーは地震の際に自動で電気を遮断してくれる機器です
感震ブレーカー啓発チラシ 1ページ目
イラスト:2ページ目 感震ブレーカは、分電盤タイプ、コンセントタイプ、簡易タイプの種類があります
感震ブレーカー啓発チラシ 2ページ目

※地震発生後、停電が復旧し、通電した際に起きる通電火災について、詳細はこちら>その他「6.通電火災に注意」(製品評価技術基盤機構(NITE)ホームページ)(外部リンク)

映像:通電火災
通電火災の映像です(画像をクリック)

このページに掲載されている
情報の問い合わせ

市川市 消防局 予防課

〒272-0021
千葉県市川市八幡1丁目8番1号

建築担当
電話 047-333-2115
指導担当
電話 047-333-2116
査察・調査担当
電話 047-333-2171
危険物担当
電話 047-333-2117