更新日: 2024年4月11日

多胎妊娠の妊婦健康診査について

多胎妊娠に伴う妊婦健康診査費用を助成します

多胎妊娠の方(2人以上の胎児を同時に妊娠すること)は、身体への負担が大きく妊婦健康診査の回数が多くなります。経済的な負担も増えることから、妊婦健康診査の助成回数を従前の14回分に加え5回分を上限に追加します。

令和5年4月1日より母子健康手帳別冊交付時に追加で受診票をお渡しいたします。
県内の医療機関や、市川市と契約している医療機関で受診される方は、15回目以降の受診にご利用ください。
別冊の妊婦健康診査受診票と同様の利用方法です。

対象となる方

  • ※以下すべてに当てはまる多胎妊婦の方
  1. 令和4年4月1日以降に妊婦健康診査を受診した方
  2. 妊婦健康診査受診日に市川市に住民票がある方
  3. 交付された14回分の妊婦健康診査受診票をすべて使用した方

助成方法

償還払い(払い戻し)
※令和4年4月1日~令和5年3月31日まで母子手帳別冊を交付している方

県内の医療機関または市川市と契約している医療機関等で妊婦健康診査を受診されている方も、15回目以降の受診分については償還払いの申請が必要です。

対象となる費用

14回分の受診票をすべて使用し、15回目以降の基本的な妊婦健康診査費用

  • ※保険適用分は対象外

助成回数

最大5回まで(15回目から19回目が対象)

助成金額

1回あたり上限4,500円まで

  • ※基本的な妊婦健康診査以外の項目や、上限金額を超えた分については自己負担が生じます

申請期限

妊婦健康診査受診から3年以内

申請方法

市川市こども家庭相談課・南行徳こども家庭センターにご来所いただき、償還払い(払い戻し)の申請をすることにより助成が受けられます。申請後の審査に時間がかかる場合があります。郵送による申請を希望される場合は、下記チェックリストをご確認の上、必要書類の提出をお願いします。

郵送チェックリスト(妊婦健康診査)(PDF)

申請後の流れについては、償還払いの申請をされた方へ(PDF)

申請場所

市川市こども家庭相談課

市川市八幡1-1-1 お問い合わせ先 電話)047-377-4511

南行徳こども家庭センター(南行徳市民センター内)

市川市南行徳1-21-1 電話)047-359-8785

手続きに必要なもの

以下のものをご持参の上、各申請場所にお越しください。

必要なもの 注意事項
1 申請書 記入見本をご確認の上、黒のボールペンでご記入ください。(消えるボールペンは不可) 来所持に記入することもできます。
2 母子健康手帳のコピー 1部
(すべての児の分)
表紙(母の氏名を記入したものをご提出ください)、妊娠中の経過のページ
3 領収書原本(あれば明細書)

※領収書は原本を回収します。返却を希望される場合は原本とコピーをご提出ください。

産婦氏名、医療機関名、健診日、妊婦健診の内容、自己負担金額、領収印が記載されているかご確認ください。 明細書があればご提出ください
4 口座名義人のフリガナがわかるもの 銀行の紙通帳やWeb通帳など (Web通帳はあらかじめスクリーンショットで保存をしてください)
5 本人確認書類
  • ※押印廃止に伴い、職員が確認します
申請者の本人確認ができるもの(有効期限内) 本人確認の書類は本人確認書類(PDF)をご覧ください
6 委任状(PDF) 申請者と口座名義人が異なる場合(旧姓通帳を含む)に必要です。

このページに掲載されている
情報の問い合わせ

市川市 こども部 こども家庭相談課

〒272-8501
千葉県市川市八幡1丁目1番1号(第1庁舎2階)

虐待通報ダイヤル
047-711-1697
相談・支援グループ
電話 047-711-0679 FAX 047-711-1754
(児童虐待防止に関すること、ショートスティ等)
保健相談グループ
電話 047-711-0679 FAX 047-711-1754
(母子保健相談窓口アイティ等)

〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目18番8号(市川市保健センター)

保健事業グループ
電話 047-377-4511 FAX 047-316-1568
(乳幼児健康診査、出産・子育て応援給付金等)

〒272-0138
千葉県市川市南行徳1丁目21番1号(南行徳市民センター4階)

南行徳こども家庭センターグループ
電話 047-359-8785 FAX 047-359-8761
(行徳支所管内の母子保健相談、母子保健事業に関すること)