更新日: 2022年3月9日

新生児聴覚検査について

令和2年4月1日より新生児聴覚検査の公費助成を実施しています。

生まれてくるあかちゃんのうち、耳のきこえに障がいをもつあかちゃんは、1,000人のうち1~2人と言われていますが、早期に発見され、適切な療育を受けることで、あかちゃんの言語発達への影響が最小限に抑えられることがわかっています。
大切なあかちゃんのために検査を受けましょう。
 

対象となる方

市川市に住民票があり、原則生後1か月以内のあかちゃん
 

受診時期と回数

原則生後1か月以内に1回(再検査含む)
 

検査内容

自動ABR
(自動聴性脳幹反応検査)
自動判定機能を用いて小さな音を聞かせて脳の反応を見る検査
OAE検査
(耳音響放射検査)
小さな音を聞かせて内耳から返ってきた反響音を調べる検査
  • ※いずれの検査もあかちゃんが眠っている間に行う検査で、痛みはなく安全です。
  • ※検査の種類は医療機関により異なります。
  • ※検査は通常、分娩した医療機関で入院中に行われます。聴覚検査を実施していない医療機関で分娩する場合は、お問合せください。

公費助成額

初回検査のみ3,000円を上限に助成します。

※検査費用は病院により異なります。
※助成額を超えた場合、その費用は自己負担となります。
 

受診票の交付

〇令和3年4月1日以降に母子健康手帳の交付を受けた方
母子保健相談窓口(アイティ)にて母子健康手帳を交付する際に、母子健康手帳の別冊(新生児聴覚検査受診票)をお渡しします。県内及び契約医療機関で新生児聴覚検査を受診される際に、お使いください。

〇令和3年3月31日までに母子健康手帳を受けた方
母子健康手帳の別冊に入っている新生児聴覚検査受診票は使用できません。県内及び契約医療機関に置いてある受診票をご利用ください。令和2年4月1日以降生まれで新生児聴覚検査の公費助成を受けていない方は償還払いの対象です。

〇契約医療機関外で新生児聴覚スクリーニング検査を受ける方
検査費用を直接医療機関にお支払いください。その後、各保健センター償還払いをしてください。

※県外の契約している医療機関については各保健センターへお問い合わせください。

 

問い合わせ先

市川市保健センター健康支援課
電話)047-377-4511
南行徳保健センター
電話)047-359-8785

このページに掲載されている
情報の問い合わせ

市川市 保健部 保健センター 健康支援課

〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目18番8号

電話
047-377-4511
FAX
047-316-1568