会議録 (2003年2月 第6日目 2003年3月5日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:笹浪 保議員

行徳地域というのは公共施設がなかなかないということで、多くの方から、みんなが集まっていろんな発表ができる、そういう場をつくってもらいたいという要望が多くあったわけですけれども、私も平成3年、初当選させていただいた9月の議会で、行徳地区にコンサートホールの建設をということで一般質問をした記憶があります。やはり住民の方から市川市内、公民館活動は非常に活発に行われていますね。行徳でも非常に活発に行われています。そういうところで練習した成果をどっかで発表したいというのが皆さんの気持ちなんですね。でも、そういう場所がない。学校の講堂だったり、体育館だったりということで、音響設備も非常によくない。そういうことで、本当に皆さんが喜んで利用できるような、そういう施設をつくってもらいたいというのは長年の皆さん方の要望だったわけですし、また私、市川市に越してきて非常にびっくりしたのは、市川市の小中学校は文化活動がすごく活発で、音楽活動にしても、そういうのも非常にレベルが高い。先般、議会の初日にも栄光をたたえてというんですか、児童生徒の表彰がありましたけれども、例えば文化活動、音楽活動にしても、県レベル、また関東大会、全国大会も出れるような、そういうすごく皆さん努力をして優秀な結果を出されているわけですけれども、さっき言ったような講堂だとか体育館だったり、そういう発表する場所がないわけですよね。例えば行徳なんかの場合でどうしてもやろうと思えば、文化会館まで行かなきゃならない。そんなことで、今回のこの公会堂ができて、そこで800人収容できて、演劇だとかコンサートができるということで皆さん非常に喜んでおられたわけですけれども、実際、だんだん説明を聞いてくると、今、部長が言われたように、第1種住居地域で演目に制限がありますよ。これは用途上の問題で、集会だとか、例えば演劇、音楽なんかの場合には、練習はできますけれども、発表するのはちょっと難しいというようなことがあって、でも何とか皆さんの期待にこたえられるように、運営面で何とかできるように考えているというようなことだったんですけれども、それではちょっと話が違うんじゃないかということで、今、部長が言われたように、行徳、南行徳の自治会連合会の会長さんからも、最初とちょっと話が違う、こういう演目に制限があるというのはちょっとおかしいんじゃないか、何とかしてもらいたいというような要望が出されているわけです。これについては、先ほど教育総務部長も、初めての手法でさまざまな課題が出てきた、こういうことも1つの課題に出てきたと思うんですよね。全国的にも例のない施設であるし、大変難しかったけれども、それをいろいろクリアしてきたということですけれども、こういうことに対して、まだ住民の方が納得していないということに対して、今後どういうような対応をしていくのか、それについてお聞かせいただきたいと思います。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794