会議録 (2003年9月 第7日目 2003年9月17日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:中山千代和水と緑の部長

今後の具体的な整備促進を含めて、西浦処理区を含めまして全体的な市内の整備計画についてお答えいたします。
 まず、今後の具体的な整備計画でございますが、現在の本市の下水道事業における既認可区域は、真間・菅野処理区が282ha、江戸川左岸処理区が2,041ha、西浦処理区が126haの3処理区で、全体で2,449haでございます。そこで各処理区の整備率――今後の予定でございますが、菅野処理区につきましては、整備率は100%でございます。次に江戸川左岸処理区につきましては、北国分・行徳・本行徳・南行徳地区の整備を平成19年度を目途に進めております。また、平成14年度末には事業認可を取得しました市川幹線区域につきましては、今年度より市川第4−3処理分区に着手しておりまして、来年度より新たに市川第5−1処理分区、あわせて5−2処理分区の整備に着手する予定でございます。また、印旛沼・江戸川左岸連絡幹線区域の整備事業につきましては、連絡幹線の整備状況に合わせまして、暫定流入区域の市川第4−4処理分区、市川第5−2処理分区の整備に着手する予定でございます。次に西浦処理区につきましては、中山・鬼高・鬼越・二俣地区の整備を順次進めておりまして、今年度より若宮地区の整備に着手しております。都市計画道路3・5・26号に下水道管が埋設される流入区域、高石神につきましては千葉県と協議を行いまして、順次下水道整備に着手する予定でございます。西浦処理区全体としては、平成29年度までに整備を完了する予定でございます。
 そこで、先ほど西浦処理区の面整備の件でございますが、これは平成18年度より若宮地区の面整備を予定しております。この区域に関しましては、人口が2,960人、面積が25haということで、3年程度で完成したいということで考えておりまして、これが完成することによって、西浦処理区が18.3%、全体では48%ぐらいの整備率になると思われます。いずれにしましても、私どもとしましては市川市第一次総合5カ年計画に沿って、目標であります2005年(平成17年度)には下水道普及率64%を目指して計画的に事業を進めまして、住民要望にこたえてまいりたいと考えております。
 次に、連絡幹線へ流入する活用というようなご質問でございますが、先順位のご質問でもお答えしておりますが、この幹線に流入する3処理分区につきましては、まず暫定6としまして、柏井1丁目の唱行寺付近、暫定8としまして本北方地区の東部公民館東側付近と、暫定9としまして本北方橋西側付近と宮久保小学校付近を、平成15年度から平成19年度までの5カ年計画で計画的に整備を進めていく予定でございます。
 次に、菅野処理区の問題でございます。菅野処理区の課題ということで、先ほども私、登壇してお答えしておりますが、この真間・菅野処理区282ha、合流式の下水道の真間川放流等やいろいろ課題がございます。これを解消するために、先ほど申しましたように、私ども平成14年度から合流式下水道改善対策に取り組んでいるところでございます。事業としましては、平成14年度より3カ年で計画を策定しまして、平成17年度実施したいというようなことで改善に努めてまいりますので、もうしばらく時間をいただきたいと思います。なお、本事業につきましては、国の補助2分の1を予定しております。
 以上でございます。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794