会議録 (2003年9月 第7日目 2003年9月17日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:樋口義人議員

下水道の問題です。確認をとるのと、そして質問するのと分けてやりたいと思います。そうすると、今、部長がおっしゃったように、19年度までに暫定的ではあるが、連絡幹線を使って柏井の1丁目――私が判断するには区画整理をやられたところだと思うんですが、そこは面整備を行っていきたいと。それと2つ目として、本北方の東部公民館の周辺は整備ができますよと。それと3つ目として、本北方1丁目付近、要するに中山団地の裏の方は整備ができますよと。宮久保小学校周辺、言うなれば宮久保3丁目、4丁目、5丁目、この辺は19年までに大丈夫ですよと、こういう形で今の報告をとらえて結構ですか。あと、市川4−3というのを言いましたね。4−3と言ったから、それは南大野だと思うんですね。南大野地域も19年までに大丈夫だよ、こう言ったんですか。そこは確認です。
 それと中山都市下水道ですけれども、これも19年までに48%の普及率にしたいと。そのためには若宮の3丁目、中山地域、これは19年までに大丈夫ですよと、こういうぐあいにとらえて結構ですね。特に若宮地域については18年から。ということは、再来年には大丈夫だよという形でとらえていいんでしょうか。その辺をもう1度確認とっておきます。
 それと菅野処理場の件ですけれども、これは平行線だなと思うので、私の方から強く言っておきたいんですが、確かに合流式においては国が14年度から国庫補助を出すから、雨水、汚水を分けて流すような方法をとりなさいということで、市川は4カ所、今回、低地域をやりました。今後ともそれを17年度までやっていくということなので、それはぜひ進めていってもらいたいと、こう思いますし、それをやることによって雨水は真間川に流すという形をとっていったならば、放流はしなくても済むような形になるのかなと思いながら聞いておったんですが、放流とは、またこれはちょっと違うのかな。そこだけ聞いておきます。
 それと先ほどから言っているんですが、真間ポンプ場。このポンプ場だけでも江戸川流域下水道に流し込めないのかどうか。松戸幹線を待つんじゃなくて、江戸川の本管の方に流すことはできないのかどうか。これは検討する余地あると私は思うんですが、市当局の方はどう考えているのかお聞きしたいと思います。
 そんなところで、処理場そのものについては松戸幹線を待つんじゃなくて、根本的にひとつやり直していただきたいと。外環がこれで中止になったときには、本当に皆さん、もうそれでお手上げですよ、今からやっていかなければ。外環だって、中止になる可能性は十分あるんですから。(「ないよ」と呼ぶ者あり)あるんですよ。あんな100円稼ぐのに550円以上も金かけるなんていう、そんな赤字路線は、国はやらないと言っているんですから。まあ、それは余計なことですから、いいです。
 あと、菅野公民館。結局は本音が出てきたじゃないですか。やらないということでしょう。結論は、あの用地はちょっと待ってくれと。まだ今のところ、16年度には見通しはつかないと、こういうことじゃないですか。外環が通る、そして今、日本パイプ――住友が移転するために壊しておる。そういう条件がいろいろもろもろとあるから、だから、あの用地はちょっと待ってよという、こういう答弁ですか。それでは自治会も、子ども会も、あの周りの人たちも納得するはずありません。16年度には住民に何らかの還元をする、地元の声を聞いて、それを取り入れる、そういう計画そのものを16年度に計画しなければ、これは私は大変なことになると思うんです。56年のときに請願が採択されているわけですね。それに積極的にこたえてやってきたじゃないですか。やってきたにもかかわらず、途中からぱたっと切ってしまうという、こういうやり方はちょっと考えられないことなんです。もう1度答弁をお願いしたいということと、先ほども言いましたね。私、部長が答弁できないならば助役でも結構だし、市長でも結構ですと。あの土地の活用について、ぜひ16年度にはそれなりの方向づけを出すというところが言えないのかどうか。それをお聞きしておきます。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794