会議録 (2003年9月 第7日目 2003年9月17日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:谷藤利子議員

ご答弁ありがとうございました。それでは、順次再質問をさせていただきます。
 コミュニティバスの運行につきまして、これから全域を対象に研究会で検討していくということで、さまざまな課題について研究をしていくということかと思いますけれども、地域を決めてから意向調査をすると。その後、具体的にどうするかを考えるということだったかと思います。交通不便であるかどうかということについては、交通の利便性は非常にいいところではあるけれども、市民要望が非常に強いということについては確かだということかと思いますけれども、行徳地域につきましては、登壇して申し上げましたように、市内中心部、あるいは北部との関係での公共施設の利用が、交通の条件はあっても、非常に時間がかかる、なかなか出かけづらい、利用できないといういろいろな不便な要素がございますし、行徳地域の中でも、市民病院を利用したいという方々にとってはなかなか利用しづらいというようなさまざまな要求がございます。
 先日、京成トランジットバスさんのところに、京成トランジットバスさんの意向について率直に聞かせていただきたいということで話し合いに行ってきたんですが、ご存じのように、低床バスを全国に先駆けて、非常に積極的に福祉の位置づけをして頑張って運営されているということで、前向きな姿勢に改めて感心をしたんですが、市川市の交通対策審議会、その中にも京成トランジットバスさんに入っていただいて、市との関係でも、積極的にできることは何でもやりたいという意向が見えました。その中で、この行徳地域の循環バスについてのご意見を伺ったんですが、やはり事業者だけで運行するということは難しいと。採算ということがやっぱりひっかかってくるかと思いますけれども、この間の低床バスの導入に当たっても、市川市の方にも補助金の関係で要望したけれども、なかなか財政的に市さんの方も非常に厳しいようだということで、具体的に働きかけをまだいただいてないという話だったんですが、京成トランジットさんとしては、ルートについてもいろいろ検討して、実際に走らせてみてもいいんだということでございましたし、狭いところ――バスが通ってないところですね、交通不便地域を通すということになると狭いところになりますから。行徳地域は違法駐車が大変多いところで、そういう違法駐車の対策もとらないと、ミニバスといえども、行徳地域の運行については、そういう新しい別の課題もあるという話もしておりました。違法駐車をなくすような交通対策も含めたルートもいろいろ案として、もう少し気軽に走らせてみるというぐらいのことを大いにやってみたいと大変積極的でしたので、もう少し事業者さんとも率直に意見交換をする、こうした試しの運行などもしてみるというようなことも必要かなと思うんですが、その辺、事業者との話し合いなど、どうなのか、ちょっとお聞かせいただきたいと思います。
 それから、市民意向調査のことですけれども、これから地域を決めて意向調査をするということなんですが、登壇しても質問しましたけれども、いつごろ意向調査をやるのかですね。そして、研究会から検討会にもう1段格上げをして検討するのを、いつごろをめどに考えているのか。その辺をもう1度お聞かせいただきたいと思います。
 浦安市がお散歩バスを導入するに当たっても、14年度、昨年から運行するに当たって、12年度に意向調査をやり、13年度に推進委員会を立ち上げ、14年度に運行する。大変急ピッチに進んだわけですけれども、そういうふうに考えていいのかどうかですね。もう少し時間はかかるのかなとも思いますけれども、その辺のめどをお聞かせいただきたいと思います。
 それから、公共施設の増設の考え方ということですけれども、基本的な考え方について、支所長さんのおっしゃった意味はわからないわけではないんですが、行徳にないから必要だと、そういう考え方はしていないんだということが最後に言われたかなというふうに思います。その辺、もう少しわかりやすく説明をしていただければというふうに思います。
 それから、行徳地域にないから必要だという――市内のどこかに、あるいは市川市内じゃなくても、隣の浦安市や船橋市、近隣地域にあって利用できるという条件があれば、行徳地域になくても、そんなに不便にはならないということも中にはあろうかと思いますが、行徳地域の皆さんの切実な要求というのは、ほかの議員さんもおっしゃいましたけれども、いろいろな意味で課題は山積しております。特に私、具体的なことで1つ、2つ申し上げますと、例えばの話ですが、介護保険制度が始まったということもありまして、特に家庭で老夫婦、あるいは息子さん夫妻、またはお孫さんだったり、3世代ぐらいで何人も介護保険料を払っている。ところが、行徳地域じゃなくてもいいんでしょうが、市川市内でも、浦安市、あるいは近隣の船橋市でもいいんでしょうが、寝たきり状態で、病院から早く出てほしいと言われているのに行くところがないということで、8月の真っ最中、10日でしたけれども、その方は亡くなられましたけれども、本当にかわいそうな思いをしたということなんですね。特別養護老人ホーム、あるいは老人保健施設、療養型医療施設、市内に北部地域を中心にあるわけですけれども、南部地域じゃなくても、必要な施設があれば当面困らないかもしれないんですが、それも絶対数が本当に足りないですね。これからの計画は市内にあろうかと思いますけれども、それができたとしても、北部地域で恩恵にあずかることが非常に難しいということで、そういう高齢者の、特に入所施設については今後南部地域に本当に真剣に考えていただきたいなというふうに思うんです。ほかにも障害者の方々にとっても、中心部や北部地域に電車を乗り継いだり、バスなども出ているところはありますけれども、大変苦労されて北部地域に通って作業所などに通っているケースが大変多いわけで、その辺なんかも今後考え方の中に重点的に入れていただくというようなこと。先ほどの七中の建てかえの件はわかりますけれども、そうしたところの計画がその辺には入ってないわけですから、今後、非常に重視していただきたいなというふうに思うんですが、その辺のことも、先ほど、今後、市民意向を考えた上でという中に十分入っているということなのかどうか。現状でも足りないということの認識は十分おありかと思いますけれども、その辺の認識についてもお聞かせいただきたいと思います。
 それから、最後の石垣場、東浜地域の土地利用の問題ですけれども、先日、補正予算でしょうか、この地域、特に残土の山の地域を市が積極的に買い取り、そして県に売却するという方向で大変見通しが見えてきたということで、地元の皆さんは、そこのところをまだ知られてないかもしれませんけれども、市の積極的な姿勢については評価するものです。そのゾーニングについても3案に大体絞られてきて、これから詳しく検討すると。10月をめどに方向性を出していくということですけれども、支障となるような重大な課題は当面はないという非常に力強い答弁をいただいたわけなんですが、地元の住民の皆さんの意向がこの土地利用の中に十分反映されていると。ゾーニングの中にも、2回目の検討会の中でその辺は具体的に出されたということなんですが、地元住民の声がきちんと反映されているということで認識していいのかどうか。地元の住民の声という特徴がどういう形で反映されているのか、その辺についてお聞かせをいただければと思います。
 それから、登壇して申し上げましたけれども、これから土地利用についてゾーニングも始まり、計画も10月をめどにということで大変見えてきたということではあっても、現状の環境については、私も先日行って、ぐるっと一回り見てまいりましたし、特に塩焼5丁目の方の住民の皆さん、自治会の皆さんともちょっと意見をお聞かせいただいてきたんですが、環境の悪化については相変わらずひどい状況でした。特に5丁目の住宅の細い道路を挟んで真向かいですけれども、固有名詞を挙げてあれなんですが、ヤマサ重機というところが朝5時半から重機を動かす、積んだりする、そういう音がガタガタ、キーキー、毎朝音がして本当に朝眠れないということでした。困るから、もう少し時間をおくらせてほしいとか、やめてほしいとか直接言えば、これは許可を受けてやっているんだからということで一蹴されてしまうということで、数件の近くのお宅の皆さん、口をそろえて大変困っているという話でした。その隣の、建設廃材かと思いますけれども、畳を積み上げているところの、その畳の腐ったにおいですね。私も行って、歩いているときでもにおいが大変する状況で、なかなかこれを解決するのは難しいということなのかなということで、同じように困っているということでありましたし、もう少し中の方の建設廃材の山もどんどん大きくなっていると。搬入は特に夜間が多いということで、環境悪化の問題については、これだけ土地利用の計画も大分見えてきて、ゾーニングまで具体的になってきて、近いうちに改善されるのかなと希望は持ってはいるけれども、本当にいつになったらこういう状況が改善されるのか見通しがほしいということを切実におっしゃっておりました。実際に今の状況を改善するために、その入っている業者さんとまた争いになって時間を要することになるのかもしれない、そういう心配もされておりました。その辺について、今の環境の改善。今、2カ所の問題、あるいは建設廃材の問題も申し上げましたけれども、具体的にその辺の問題では市としてどのように取り組んでいただいているのか。その辺のめどを住民の皆さんに説明するとすれば、どういうふうに地元の住民の皆さんに説明をしたらいいのか。その辺についてもお聞かせいただければと思います。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794