会議録 (2003年9月 第7日目 2003年9月17日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:本島 彰建設局長

私の方から、コミュニティバスの研究会の座長という立場から少しご答弁させていただきたいと思います。
 8月から庁内の関係者と集まって研究会を立ち上げて、9月で第2回ほど進めました。当初はコミュニティバスということで、他市の事例も参考にして、市川市の導入について検討しようということで始めたんですけれども、意外といろんな課題があるということが2回開いてわかりました。1つは、バスの本当の必要性というのは何なのか。駅までの交通の不便性のために必要なもので、もう少しきめ細かいルートとしてもらいたいというようなことなのか。あるいは、公共施設――病院だとか、図書館だとか、そういったところを結ぶための必要性を求めているのか。あるいはまた、買い物の利便性のためにあった方がいいというのか。それからまた、市川市ではいろんな文化施設がありますので、文化施設をめぐるような、そういったものがあったらいいんじゃないかというような、バスの必要性とは何なのかということがまず整理されてないんじゃないだろうか。いろんな要望があるんですけれども、交通不便地域だと言っても、じゃ、それにかわる、バスではない代替施策もあるんじゃないだろうか。特に市川は他市に比べて、16駅という駅が市内にあります。これも市川市の特徴だと思いますが、2q行けば駅に当たるというような、そういう立地性から言って、バスの利用というもの、バスの必要性というものはどこにあるんだろうかということを検討する中でぶつかってきました。まず、バスの必要性についての整理をしないといけないだろうということで、第3回以降は詰めることにしました。
 それからまた、利用のための条件として、ルートはどうなのかとか運行の頻度――走らせたからといって、ちょうど使ってもらえるような時間帯に本当に運行できるのかどうかということもあるでしょうし、それから料金も採算ベースだとか、あるいはいろんなことを考えて、他市は100円が大体多いんですけれども、じゃ、100円で、本当にそれで乗ってもらえるんだろうか、採算が合うんだろうかとか、そういったことも課題が出ました。また、運営方法についても、行政とバス会社との費用負担だとか、あるいは他市でやっていますNPOで運行できることがあるんだろうかとか、そういったこともありますし、車庫とか、運行管理だとか、そういったこともどうしたらいいんだろうかということも出ました。そういったもので、バスだけではなくて、バスを走らせるとした場合の長所、短所、それから、じゃ、それにかわる代替施策として、タクシーの利用券をもっと発行することによって、福祉対策として、もっときめ細かな、家から病院へ運ぶことになるにはバスを使わないでもいいじゃないかというようなことも出ました。また、駅周辺の駐輪対策、駐車対策、あるいは全体の駅周辺の交通をもっともっと改善することによって、今の路線バスの運行がスムーズになれば、路線バスの利用者ももっとふえるのではないだろうかというような、そういう面での総合交通の問題等にもぶつかっております。こういう状況が、2回ほど開いて課題が随分出てきました。そういうことも全部整理をしながら、市川市にとって、あるいは、市川市のこの地区にとってはどういう目的で運行するべきだ、あるいはまた、代替の施策として提供できるんじゃないだろうかというようなことも研究して、市民の満足度を優先できるような比較検討をしないといけないということがわかりました。そういう面で、当初は3回か4回検討すれば出るのかなというような、そういうこともありましたけれども、今言いましたような課題があるということが実情として把握できてきましたので、もう少し時間をかけながら研究会で詰めていきたいと思っております。
 その結果、大体こういう地区はバスの方がいいだろうというようなことが見えてきましたら、実際、地域の方々に利用していただけるのか、あるいは、もっと違う目的があるのかとか、あるいは運行の協力だとかいうこともかなえられるんだろうかというような、実現可能についてのアンケートもまずしないといけないだろうと思っております。そういうことから、全体を含めて、アンケートが1回で済むとは限りませんけれども、そういったことを繰り返しながら、市民が満足できるような、あるいは運行についても支障のないような、市川独自のコミュニティバスというものの導入を検討したいというふうに思っております。そういう面で、いつから明確にアンケートをとりますとか、いつからどうしますということは、今、明言できるような状況ではありませんので、その辺はご理解いただきたいと思います。また、今、バスを運行している会社については、引き続きいろんな面での協力依頼、あるいはまた、相談をさせていただくつもりにしておりますので、ご理解いただきたいと思います。
 以上でございます。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794