会議録 (2005年6月 第6日目 2005年6月17日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:木村 博道路交通部長

 道路交通問題についての2点のご質問にお答え申し上げます。
 まず、1点目の原木から西船橋間のバス路線の復活についてお答え申し上げます。
 初めに、路線バスの現況につきましてご説明申し上げます。ご承知のとおり、JR西船橋駅南口からJR二俣新町駅間につきましては、以前、まだ分社化されていない当時の京成電鉄が、二俣線として路線バスを運行しておりました。しかし、平成11年8月に、利用者が少なく採算がとれないとの理由から、同路線が廃止されたものでございます。したがいまして、現在ご質問の地域を運行する路線バスにつきましては、京成ラインバスがJR本八幡駅から行徳街道、県道船橋行徳線を通り、東京メトロ原木中山駅及び原木インターチェンジの南側を経由しまして、JR二俣新町駅へ向かう原木線の1系統のみとなっております。
 同地域における路線バスの運行状況につきましてはこのような状況にありますが、本年3月末、タクト跡地にオープンしましたホームセンターなど、今後周辺の土地利用の変化や状況を見極めながら、JR二俣新町駅からJR西船橋駅を結ぶ区間の復活につきまして、バス利用の促進及び生活交通の確保を図ることを目的として、平成12年度に設立しました市川市バス交通問題連絡会を復活、活用いたしまして、路線バスの可能性について、既存バス事業者と協議してまいりたいと考えております。
 次に、ジャパン・ビジネス・サービスが行っております協議調整につきましてでございますけれども、ご質問にありますバス路線につきましては、平成15年以前におきまして、原木ターミナル内の企業に勤める従業員の通勤の足といたしまして、西船橋駅から原木ターミナルの間を原木ターミナルサービスが運行を開始したものでございます。その後、タクトが解散した際に、原木管理組合とジャパン・ビジネス・サービスが運行の契約を締結し、運行を継続していると聞いております。現在までに、ご質問にありますような状況につきましては十分確認されていないところでございますが、市としましては、その内容等を精査いたしまして、適切に対処してまいりたいと考えております。
 次に、ホームセンターコーナン周辺の交通安全対策についてお答え申し上げます。
 現在の商業施設周辺の道路における交通安全施設につきましては、北側市道に千葉県公安委員会が横断歩道を2カ所設置してございます。また、本市におきましては、昭和58年に200Wの道路照明灯を平均40mごとに設置してございます。なお、東側の主要幹線1級市道0116号には、旧東京エアカーゴシティーターミナルと、東京税関の東京航空貨物出張所の出入り口があったことなどから、従前からの右折レーンと横断歩道が設置されており、道路照明灯につきましても、交通事故防止のため要所に設置してある状況でございます。
 市といたしましては、交通安全面の問題を最小化する必要があると考え、開発関係者に対しましても事前協議の中で有効な交通計画を立案し、地元の自治会とも綿密な調整を図るように指導してまいりました。また、市川警察署の交通課と連携し、当該センターの開店日であった3月30日には、朝から歩行者の横断箇所や迷惑駐車などのパトロールを実施いたしました。幸いにも、心配された渋滞や大きな交通事故も発生することなく、4月13日には食料品のスーパーや家電品店なども開店いたしました。
 しかし、残念ながらご質問者ご指摘のとおり、4月19日午後8時20分ごろ、原木4丁目9番地先の丁字路交差点付近の道路を、ホームセンターコーナンの入り口方向に向かって横断していた自転車の方と、自動車による人身事故が発生したことは、警察からも伺っているところでございます。市といたしましては、今回の交通事故の発生要因を、市川警察署交通課のご協力をいただきながら調査した上で、事故が夜間に発生していることから、道路照明や、また既に設置されている横断歩道、歩行者用の信号機の必要性などにつきまして、利用者の実態を踏まえながら、かつ所管している千葉県警察のご意見も伺いながら、周辺の交通安全対策につきまして検討してまいりたいと考えておりますので、ご理解のほどお願い申し上げます。
 以上でございます。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794