会議録 (2006年6月 第8日目 2006年6月19日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:田草川信慈行徳支所長

 公園周辺環境対策について2点のご質問にお答えいたします。
 まず、1点目の行徳駅前公園内通路の排水対策についてであります。行徳駅前公園を初めとする行徳地域内の各公園は、緑の少ない新しい市街地にあって、市民に潤いと憩いの場所を提供しております。また、地域コミュニティーの核として機能していると思っております。そのほか、植栽による都市部のヒートアイランド現象の低減や、園内への雨水滞留による都市排水対策の一環としても機能しているところであります。特に行徳駅前公園につきましては、昭和49年に土地区画整理事業地内に新たに設置され、その後、さまざまな施設を整備拡充しながら、現在のような大変利用度の高い公園となったものでございます。開設当時のことは、私も公園緑地課に配属されたばかりでしたが、大変よく覚えております。当時は樹木も小さくて、広い運動場のような印象でございました。ところが、今ではケヤキの大木が緑陰をつくりまして、地域にとって大変貴重な緑地となっていると思っております。しかしながら、一方では三十数年を経ておりますので、外周の管理さくや園路を初めさまざまな箇所で老朽化も目立っております。ご質問の園路の中央につきましても、ご指摘のとおり広場よりも若干低くなっておりまして、排水が不良になっている箇所がありますことから、雨天時には冠水し、利用者にご不便をかけている現状にあります。そうした現状を踏まえまして、行徳駅前公園につきましては、年次計画を立てて、今年度より改修に着手することとしております。その中で、園路につきましては、一部舗装している部分もありますが、冠水箇所を含めて、約300mの未舗装部分があります。そこで、この区間の排水処理のために3カ年計画で園路の舗装及び排水整備を実施する予定であります。特に西側の出入り口付近から噴水わきを通って北側の出入り口までの約70m区間は、行徳の駅前へ出るための近道ともなっておりますので、通勤、通学の方々が多く利用されているようであります。そこで、今年度は、まずこの区間から園路改修を行ってまいりたいと考えておりますので、いましばらくお待ちいただきますようお願いいたします。
 次に、2点目の駅前公園研修所の畳、テーブル、トイレの改善についてであります。研修室のある公園管理事務所の建物は、昭和60年に建てかえておりまして、この2階部分を大研修室――52畳ございます。それから小研修室――18畳ありますが、そういう研修室として地域の皆様にご利用いただいております。これらの研修室の畳がえにつきましては、3年前の平成15年1月に実施しております。しかしながら、ご利用の中には民舞、ダンスといった舞踊の練習や、お子様連れの方々のご利用などさまざまな用途に使われているケースがありまして、傷みが激しくなっているようでございます。これらは当研修室だけの状況ではなくて、行徳管内の他の公園研修室でも同様でございます。今年度は、当研修室よりもさらに畳がえの時期が古く、畳の傷みも激しい研修室の改善を予定しております。したがいまして、今後、優先順位の高い施設より順次改善してまいりますので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。
 次に、備えつけのテーブルにつきましては、大分古くなって、傷も目立ってきていると思いますものの、まだ使用できない状態ではないようであります。したがいまして、今後、購入、あるいは寄贈などを含めまして、手当てしていくことを前提に工夫してまいりたいと思いますので、いましばらくご辛抱いただきたいと思います。
 また、トイレの改善の件ですか、ご指摘のとおり暗く、あるいは男女兼用になっていて使いにくいということでございました。暗いということについては、再度よく現場を確認したいと思います。しかしながら、男女別にすることにつきましては、管理事務所自体のスペースの限界及び構造の問題から、これを解消することは大変困難なために、利用者の皆様の適切な判断によって、譲り合って利用していただきたいというふうに考えているところでございます。
 以上でございます。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794