会議録 (2008年2月 第6日目 2008年3月3日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:遠峰正徳財政部長

 繰越明許費の明確な判断基準ということと、それから道路工事等の地下埋設部分の対応ということで、2点の質疑にお答えをさせていただきたいと思います。
 まず、判断基準ということでございますが、会計年度独立の原則に基づきまして、1年1年、予算は立てられているところでございます。また、これの例外といたしまして、継続費であるとか、債務負担行為であるとか、この1つである繰越明許費というものが定められているところでございます。当然のことながら、単年度で執行できるものにつきまして、年度の予算で執行している。単年度でできないものにつきましては、継続費ですとか債務負担行為を設定させて予算をつくらせていただいているところでございます。そういう中で、先ほどもご説明しましたように、いろいろな事情というものがあって、結果として年度内に執行が終わらなくなってしまうというようなものにつきましては、やはり執行してみないとわからない部分というのがございますので、先ほど質疑者もお話ししておりましたけれども、職員としては、確かに一生懸命、年度内に執行しようということで努力をしているところでございますので、その辺はご理解をいただきたいと思います。
 そこで判断基準ということでございますが、それらにつきましては、できるだけ工事執行を年度内に終わらすということがまず大前提でございますので、個々のケース・バイ・ケースによりまして、それぞれの判断が出てくるものでございますので、一定の判断基準というのは若干難しいのではないかなというふうに考えているところでございます。
 それから、道路工事の埋設物の問題でございますが、確かに地下の埋設物というのは、それぞれ所有者、いわゆる水道局ですとか、東京電力ですとか、NTTですとか、すべて図面に載っているわけでございます。当然、それに基づいて設計をするわけですが、実際に掘ってみますと、その図面のとおりいってないというのが多々あるわけでございます。そういう場合に執行としては非常に苦慮するというところでございますので、埋設物につきましては十分調べた上で設計をさせていただいている現状であるということはご理解いただきたいと思います。
 以上でございます。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794