会議録 (2008年2月 第6日目 2008年3月3日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:谷藤利子議員

 まず、議案第60号の1点目として、41ページ、障害者支援費の扶助費、医療扶助費、重度心身障害者(児)医療費4,582万9,000円のマイナスについて、多額なマイナス補正なんですが、内容、内訳をお聞かせください。
 また、対象者数、どれぐらいの影響があるのかお聞かせください。
 そして、歳入のほうで県の補助金がマイナスになっておりまして、千葉県の事業が廃止されたということで、市川市の負担のマイナスということではないわけなんですが、その分、障害者自立支援法に基づいて障害者の負担がふえているということになるわけなんですが、年度内で障害者の負担軽減の対策など検討されたのかどうかお聞かせください。
 2点目に、43ページ、児童福祉総務費の委託料、家庭保育事業委託料992万7,000円のマイナスについてです。このマイナスになった理由、そして平成17年、18年、19年、家庭保育事業の実績はどうだったのか。また、今後の家庭保育事業の考え方についてお聞かせいただきたいと思います。
 3点目に、同じ43ページの下の保育園費の工事請負費、1,470万のマイナス補正についてです。これも大変多額なマイナスになっているわけですが、欠真間保育園の耐震補強工事、そして、その上の既設保育園改修工事ということで、いずれにしても、欠真間保育園の工事費が全額マイナスになっている。この間の議会質疑などで、欠真間保育園の委託に向けた耐震補強工事、4回入札をかけたけれども、すべて不調になったということが議会でも既に答弁されておりますけれども、それぞれどのような理由で4回不調になったのか、その内容をわかりやすくご説明ください。
 以上、質疑いたします。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794