会議録 (2008年2月 第11日目 2008年3月18日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:清水みな子議員

 それでは、1点目の子育て支援で私は2項目を質問させていただきましたが、この間、視察に行きました愛知県大府市、また千葉県浦安市では、子供の医療費助成、一気に中学校卒業まで拡大をしています。大府市では、妊婦健診も2回から14回に拡大をしています。習志野市では、中学校卒業までは国保資格証の発行をやめるとしています。これは、いずれも市長が決断をして実現していることです。未来を担う子供たちのために、市川市においても市長の決断を要望いたします。
 2点目は、医師不足で救急患者を受け入れられない病院が出ているということです。市内でも、2.5次救急病院に指定されていても受け入れられないということになっています。救急と医療のあり方と一体として考えていただき、市民がたらい回しにならないように、また、死亡事故が起きないような体制を整えるための努力をしていただきたいと思います。
 4点目に、コミュニティバスについてです。埼玉県騎西町では、デマンドバス8人乗り2台が活躍をしています。田舎の地域かもしれませんが、町民の足となっています。デマンドバスが特に高齢者に好評なのは、役場、老人福祉センター、文化会館、公共施設のほかに病院、商店街など、営業タクシーよりも安く自宅から目的地まで送迎してくれるというところにあるそうです。方法はさまざま、いろいろあるかと思いますが、要望の出ている地域の住民の皆さん、また自治会の皆さんともよく話し合っていただき、何らかの方法が実現するように要望いたします。
 以上で一般質問を終わります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794