会議録 (2008年6月 第8日目 2008年6月17日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:岡本博美保健スポーツ部長

 私から医療制度についての3点のご質問にお答えいたします。
 まず、与党高齢者医療制度に関するプロジェクトチームにおいて取りまとめた長寿医療制度の保険料の軽減の骨子についてでございます。6月10日の厚生労働省保険局からの通知文によりますと、1つ目としまして、所得の低い方への配慮として、7割軽減世帯のうち、長寿医療制度の被保険者全員が年金収入80万円以下の世帯について9割軽減とする。また、6月13日の新聞発表による政府・与党の見直し策によりますと、本年度における7割軽減対象者については8割5分軽減となります。また、2つ目、所得割を負担する方のうち、所得の低い方、具体的には年金収入210万円程度までについて所得割額を50%程度軽減するということでございます。次、3つ目、これらの措置を講じても、なお保険料を支払えない事情がある方については、個別の減免も含め、市区町村におけるきめ細やかな相談体制を整備することとなっております。今後、長寿医療制度におけます保険料の軽減等について、内容が正式に国から提示されましたら、市民の方々に速やかに市の広報やインターネットを通じて周知を図ってまいりたいと考えております。また、広域連合に対しましても、厚生労働省の動向を注視し、保険料の軽減の拡大があった場合には「広域連合だより」等の臨時号の発行により対応するなどの必要な措置を早急にとるよう要望してまいります。
 次に、2点目の制度に対する窓口、電話対応の現状についてですが、まず窓口におけます相談内容といたしましては、長寿医療保険料は幾らになるか、また、今でも国保税を分割納付しているので年金天引きをしないでほしい、あるいは、長寿医療保険の年金天引きの開始通知が送られてきたが、内容がよくわからないなどでございました。また、電話での問い合わせにつきましては、保険証が小さ過ぎるため文字が読み取りにくい、保険証がはがきサイズから名刺サイズと小さくなったため紛失しやすい、あるいは、もうなくしてしまった、まだ保険証が届いていないので確認してほしい、制度そのものが非常にわかりづらい、そういったものがございました。長寿医療制度が施行された4月当時は、窓口相談や電話、問い合わせが多数寄せられたことから窓口が混乱し、被保険者の皆様にはご迷惑をおかけしたこともありました。最近の状況は、窓口、電話での問い合わせが減り、落ちついてきており、スムーズな対応ができております。
 次に、被保険者の方などへどのような対応をしたのかでございますが、まず、被保険者の方が医療機関への受診の際、古い国民健康保険の保険証を持ってきたり、また保険証を忘れたような場合には、医師会、歯科医師会、薬剤師会に対し、国民健康保険課に被保険者番号をお問い合わせいただくようお願いし、受診時のトラブル防止に努めました。また、保険証が配達記録郵便でお届けできなかった被保険者の方につきましては、3月29日土曜日、4月5日の土曜日と直接職員がご自宅を訪問し、交付させていただきました。それから、市川市役所内の執務場所といたしましては、3月21日に1階の総合市民相談課の隣に新たな受け付け窓口を設け、2階の国民健康保険課窓口と双方で窓口相談や電話対応を行っております。
 次に、今後の取り組みとスケジュールについてでございます。長寿医療制度における保険料額につきましては、7月11日に特別徴収対象者に保険料額決定通知書と保険料本徴収開始通知書の送付を予定しております。この通知は、平成20年度に負担すべき保険料の額が確定したことから、確定した保険料から4月、6月、8月に特別徴収で納付していただきました仮徴収額を差し引き、その残りの額を10月、12月、翌年2月に本徴収することを被保険者の皆様に周知するために送付するものです。次に、年金からの特別徴収の対象にならなかった普通徴収の方々及び10月から特別徴収をされる被用者保険の被保険者本人の方々などには保険料額決定通知書と保険料納入通知書及び納付書を送付する予定でございます。また、千葉県広域連合におきましては、保険料凍結軽減対象者――これは制度加入直前に被用者保険の被扶養者であった方でございますが、これに対し、7月10日をめどにお知らせするとのことでございます。
 次に、3点目の国民健康保険証のカード化についてでございます。本年10月5日から実施を予定しております。また、このカードの個人単位の保険証の大きさでございますが、縦54o、横86oと、名刺サイズとなっております。現在の保険証がはがきサイズでありましたことから、かなり小さくなってまいります。このため持ち運びの利便性が高くなりますが、他のカードの間に紛れ込んでしまい、探し出すのに苦労することも考えられます。次に、保険証の厚みですが、この3月に長寿医療制度の保険証を交付した際、保険証が薄くてぺらぺらだというお話も聞いております。そこで、このような状況から、現在、紙製で裏面をラミネート補強したものを使うことで準備を進めております。近隣市において、紙質に若干の違いはありますが、同様のものを採用しておるということでございます。また、カードの強度を補強するとの観点から、国民健康保険の保険証をお送りするときには、ある程度しっかりとしたカードケースもあわせてお送りさせていただくように準備を進めております。カードケースに入れていただければ、保険証が傷みにくくなると同時に、お財布の中でも判別しやすくなるものと思っております。
 以上でございます。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794