会議録 (2008年6月 第9日目 2008年6月18日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:鈴木啓一議員

 議案第7号、人選の基本的考え方について。副市長の選任について質疑します。
 現在、本市の副市長は浅野副市長、平出副市長の2人制であります。浅野副市長は、本市の職員として企画部長、市長公室長、総務部長等を歴任し、固定資産評価員を経て、平成10年4月1日に助役になり、6月で10年3カ月もの長きにわたり市の重責を担い、現在は副市長として本年6月30日をもって退職するということであります。本当に市川市のためによくやったと思います。また、平出副市長は、平成18年7月11日から永田前助役の後を受け本市助役となり現在に至っており、同じく6月30日をもって退職するということであります。平出副市長は国交省に戻るわけであります。国交省に戻られて、市川市助役の経験を十分生かしてください。
 そして、議案第7号で新たに土屋氏の選任について議会の同意を求められています。このように、今までは本市の職員から副市長に選任されるケースと、国土交通省から本市の副市長に選任されるケースがありましたが、土屋氏は元国土交通省の職員で、本市の助役であったわけです。そこで、本市の副市長を選任するに当たって、どのような考え方で選任されたのか、基本的な考え方について、まず伺います。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794