会議録 (2008年6月 第9日目 2008年6月18日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:岩井清郎議員

 質疑にお答えをいたします。
 まず、第1点でございますけれども、意見書のねらい、目的でございますが、これは、この意見書の文案をよく読んでいただくと、そのとおりでございますが、特に今言われましたことは一番下のほうに、最後の部分に書いてございます。「こうした背景から、後継法人の公募が予定されているが、市民から強く求められている救急医療や小児医療及び周産期医療、これに加えて、これからますます必要とされる高齢化に対応した医療などが確保されること、現在、入院あるいは通院している人々が安心して治療を続けられること、さらには市民病院に勤務している職員の処遇に意を用いることなど」こういうことを大前提として、そして「公募要件を満たした後継法人の選定を進め」と、こういうふうな文面になってございますので、今、谷藤議員が言われた、その思いがそのとおりここに私は書かれている、こういうふうに考えておるところでございます。
 それから、2番目の市民の声をどのようにとらえているかということでございます。今回、この意見書を提案した皆さんがおられます。これは、提案者の思いがこの文書に書いてある、こういうことで提案をしているわけでございまして、そして、その中には、もちろん提案するについてはいろいろな市民の声も、我々は議員でございますので、議員が提案するということは、議員おのおのが市民の声をいろいろな形で聞いて、その結果、議員としての判断でこの提出者になっているわけでございます。一例を挙げますと、例えば私は、やはりいろいろな地域の方の声も聞かせていただいておりますし、また、この病院の患者の1人でもございますので、待合室で待っているときの皆さんの会話も耳にしたこともございます。提出する以上は、そういういろいろな声を総合的に判断した上で、今の冒頭に書いてございますとおり、今のこのままでは浦安市川市民病院はなかなか地域の皆さんの求める医療が続けられない。そういうことを考えれば、どうしたら一番地域の方が安心して、また求める医療が求められる、そういう病院になるのかといろいろ皆さんが考えられた結果、この民設民営の方針が示され、そしてそのことについていろいろな視点から各議員が考えた、その結果は、この文書にあらわれた内容を、この意見書という形の中であらわした、こういうことでございますので、ご理解をいただきたいと存じます。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794