こども発達相談室

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年12月1日
こども発達相談室では・・・
  発達に心配のあるお子さんとご家族のご相談にのりながら、お子さんの特徴を一緒に確認していきます。

たとえば・・・
・首がすわらない、ハイハイしない等 運動発達に関すること
・おちつきがない、こだわりが強い等 行動に関すること
・ことばが遅い、ことばの発音がはっきりしない等 ことばや聞こえに関すること

このようなお子さんの発達について心配なことがあったらお気軽にご相談下さい。
専門の職員がご相談にのり、お子さんとご家族が地域で安心して成長できるように支援させていただきます。

相談は予約制ですので、まずはお電話下さい。
費用は無料です。
 
相談室 入口画像

内容

相談の流れ

[1]<相談受付>
  ご心配なことを電話でご相談下さい。
  実際にお子さんとお会いする日を決めさせていただきます。
 
[2]<面接相談>
  ケースワーカーと専門職員が詳しくお話を伺います。

[3]<発達評価>
  お子さんの発達の様子を専門職員が評価させていただきます。

[4]<医師診察>
  主に運動発達の課題のあるお子さんが対象となります。
  (※ことばや行動面で心配なお子さんの診察は希望制となります。)

[5]<個別支援計画>
  お子さんの発達に沿った支援計画をたてさせていただきます。

[6]<療育>
  定期的にお子さんの様子に合わせた支援を行っていきます。
  (頻度はお子さんによって変わります)

こども発達相談室で行っている療育

○ 個別療育
  お子さんの特徴を専門職員と確認しながら、お子さんにあった支援を1対1で行っていきます。
  また、お子さんのご心配なことについて、一緒に考えていきます。

○ グループ療育
  少人数の集団で座る、注目する、順番等のルールを守る 等の基本的な姿勢を学んでいきます。
  在宅のお子さん向けや幼稚園、保育園に通うお子さん向けなど多彩なプログラムを展開しています。
  (利用に関しては、一部要件があります。)

○ 訪問療育
  運動発達に課題があり、感染症等の心配があるために外出が出来ないお子さんに対して、
  訪問により療育を行います。

○ 幼児ことばの教室(市川市そよかぜキッズ2階)
  ※ご利用については、こども発達相談室が窓口となっておりますので、お問い合わせください。

 

専門職員

臨床心理士、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、児童指導員、幼稚園教諭、保育士、ケースワーカー

 

対象者等

○ 対象  市川市在住する方
        作業療法士、理学療法士による療育 :0歳〜18歳
        心理士、言語聴覚士による療育    :0歳〜就学前まで

○ 住所  市川市大洲4丁目18番3号

○ 電話  047−370−3577
    FAX  047−376−1115

○ 受付  月〜金曜日 午前9時〜午後5時

○ 休館日 土・日曜日、祝日、年末年始

よくある質問

お子さんの成長や発達のことで心配なことや、子育てしづらいことはありませんか?

よくある質問の詳細はこちら
はてなマーク
よくある質問項目
Q1.首がすわらず心配です。
Q2.まだ、おすわりができません。
Q3.まだ歩くことができず心配です。
Q4.うまく食事が飲み込めず、むせてしまいます。
Q5.ことばが遅いのが心配です。
Q6.1歳ですが呼んでも振り向かないことがあります。
Q7.こどもがどもり気味で心配です。
Q8.友達とうまく遊べません。
Q9.発達障害とはどういうものですか?

関連リンク

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 こども政策部 発達支援課
〒272-0032
千葉県市川市大洲4丁目18番3号
電話:047-370-3561 FAX:047-370-8666
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで