ホーム > 市政情報 > 市政の運営 > 教育委員会 > 第2期市川市教育振興基本計画

第2期市川市教育振興基本計画

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2018年4月5日

計画の位置づけと本市教育の理念

1.計画の位置づけ

 市川市教育振興基本計画は、教育基本法第17条第2項の規定に基づき、市川市の教育振興に関する基本的な計画として策定されたものです。平成21年3月に第1期市川市教育振興基本計画(平成21年度から平成25年度まで)を策定し、現在は、平成26年1月に策定した第2期市川市教育振興基本計画(平成26年度から平成30年度まで)に移行しています。これらの計画は、市川市総合計画における「教育」に関する分野を担うものでもあります。


2.本市教育の理念「人をつなぐ 未来へつなぐ 市川の教育」と第2期計画

 この理念は、第1期教育振興基本計画から継承した本市教育の理念であり、各施策は、この理念を具現化するために実施するものです。
 「人をつなぐ教育」とは、家庭・学校・地域・行政が一体となって子どもを育てていく教育です。「教育の共有化」という理念のもと、コミュニティ・サポートなど地域教育力の組織化を図る施策を展開しています。
 「未来へつなぐ教育」とは、学びと育ちの連続性を大事にして、個性の伸長を図り、子どもの夢や思いを実現する教育です。「教育の接続化」という理念のもと、進級・進学時の滑らかな接続と適切な段差の設定を図り、長期的な視野に立った教育、そして生涯学習の実現を目指しています。
 現在の第2期市川市教育振興基本計画(平成26年1月策定)は、検証結果により明らかになった、第1期計画においていまだ達成が不十分な項目や、新たに浮上してきた教育課題などを踏まえて、施策を見直し、改善を図ったものとなっています。

 

第2期計画と毎年の重点事業

 第2期計画は、以下のとおり構成されています。
 ・市川市の教育の現状と課題を整理し(第1章)、
 ・その課題に対応するため、基本理念を定めるとともに(第2章)、
 ・市川市の教育が目指す4つの基本的な考え方を示した上で(第3章)、
 ・今後5年間を通して行う施策の3つの基本的な方向性と、その実現に必要な41の施策を定めています(第4章)。
 ・施策の具体的な取組である実施事業のうち特に優先的に実施すべきものを、毎年「重点事業」として公表します。
  また、法令に基づき、教育に関する事務事業の点検評価を行い、その結果を毎年公表します(第5章)。

 《第2期市川市教育振興基本計画》

   基本計画全文(PDF:1.63MB)

   表紙(PDF:101KB)
   はじめに・目次(PDF:105KB)
   序章(PDF:207KB)
   第1章 市川市の教育の現状と課題(PDF:103KB)
   第2章 基本理念(PDF:60KB)
   第3章 基本的な4つの考え方(PDF:113KB)
   第4章 基本的方向と施策(PDF:402KB)
   第5章 計画の推進(PDF:174KB)
   資料(PDF:1.08MB)
   奥付(PDF:45KB)
第2期計画(緑の冊子)と毎年の点検評価報告書(白の冊子)
 ※毎年公表する「重点事業」と「点検及び評価」については、 それぞれ下の関連リンクからご覧ください。

関連リンク

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 教育総務課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡1丁目17番15号 南八幡仮設庁舎2階
電話:047-383-9224 FAX:047-383-9203
市政へのご意見・ご提案は、市民の意見箱まで